楽しいときも、つらいときも、月を見たらいつも大丈夫だと思えます

YUKA

2009.07.16 THU

今週の彼女

1985年12月3日生まれ。東京都出身。音楽教師の母、バイオリンを弾く父を両親に持ち、小・中学校では、オーケストラに所属。アメリカ留学後、2005年、moumoonを結成。2006年、シングル『Flowers/pride』でデビュー。7月22日、5thシングル『On the right』をリリース。
まるで満ち欠ける月のような、音楽的な多様性と世界観の豊かさが耳に心地よいmoumoon(ムームーン)。ボーカルのYUKAさんの登場です。

─ 5thシングル『On the right』リリースですね。どんな曲?

「わたしの右側には彼がいて、左側には海があるっていう、ふたりでお散歩しているようなポップな曲です」

─ あ~そういえば、ふたりで並んで歩いたときに居心地のいい側ってありますよね。そんなYUKAさんにとって、右側にいてほしい男性のタイプは?

「私、メガネフェチなんです。黒縁メガネをかけていて、黒髪の男性に目がないんです。で、普段は甘えてくれるんですけど、ここぞっていうときはしっかりしてるっていうあっ、でもやっぱりフチなしもいいですよね~」

─ ( 笑)。ところでユニット名のmoumoonってどんな意味なの?

「mouはフランス語でやわらかい。それにmoonを足してやわらかい月って意味です。月って、見た目デコボコしてて、冷たくて硬いイメージがあるけど、ふわっとしたやわらかい月があってもいいかな、と思って」

─ 月には特別な想いが?

「ありますね。満ちたり、欠けたり、ハッピーに見えたり、さみしげだったり。『なんだか人の心に似てるなあ』と思います。探さない夜はないですね」

─ そういえば最近じっくり見てないかも。

「夜中の2時ごろの月が、低くて大きくて綺麗。楽しいときも、つらいときも、月を見たらいつも大丈夫だと思えます」

山仲竜也(Q+A)=撮影photography TATSUYA YAMANAKA / 島尻明典(verb)=取材・文text AKINORI SHIMAJIRI

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト