ボクらの日経はじめの一歩

第3回 スマートフォンで日経デビュー!?

2010.11.17 WED

ボクらの日経はじめの一歩


文字サイズは大小5段階に変更可能。記事本文の画像を選択すると、拡大して閲覧することもできる

空き時間や移動中はiPhoneアプリで日経電子版!



前回の最後で、『日本経済新聞 電子版』にはiPhoneアプリもあると知ったボク。そこでさっそくApp Storeから電子版のアプリをダウンロード。iPhoneアプリを使ってみることにした。

まずはアプリをタップして起動。少し待ってと…おお、今日の朝刊の見出しが一面から縦にずらっと並んでいる! で、見出しを選ぶと本文が表示されるのね。ふむふむ、ほほ~、なんと、上場企業の経常利益が8割増とな…あ! し、失礼しました。見やすかったので、ついつい読み込んじゃいました。

次の記事を読みたいときは画面をフリック。ページを送りながら次々と読んでいける。それにしてもサクサク動くなあ~。画面を読み込んでいる感じがまったくない。…と思っていたらなんと、アプリ起動時に記事を一括でダウンロードするのだとか。なるほど、最初に少し待ったのはこのためだったのか。でも考えてみると、これってすごく便利。要はこれって、地下鉄とかでも記事を読めるってことじゃないか! う~ん、移動中の過ごし方がこれでずいぶん変わりそう!

日経新聞の朝刊・夕刊に掲載されたほほすべての記事に加えて、電子版独自の速報も最新順に読むことができる電子版のiPhoneアプリ。うん、普通のニュースサイトをiPhoneで読むのとは根本からして違うこの感じ。内容の濃さと使いやすさは別格だ。

使いやすいといえば、ビジネスの達人は電子版のiPhoneアプリをどう使っているのだろう? 経済評論家の山崎元さんに聞いてみた。

「電子版のiPhoneアプリは『1面』から順に記事の見出しが並んでおり、フリックしていけば次々に記事を確認していくことができるので、短時間でその日に何が起こったのかを知ることができて便利ですね。また日経なので情報がきちんとまとまっています。ほかのニュースサイトに並んだ雑多な情報をチェックするよりも効率良く、しかも手軽に情報収集ができるので、私も空き時間によく使っていますね」

そんなワケで、最近はもっぱら朝出かける前に家で朝刊を一括ダウンロードし、出勤途中の地下鉄車内で電子版記事を読んでいるボク。ちょこっと空き時間ができたらサクッとひと記事読む、なんてリズムもできてきました。さて次回は最終回。ボクらと同年代の日経電子版ユーザーに、使える電子版活用法を聞いちゃいますのでお楽しみに!
これからの空き時間は、大事な情報収集の時間。記事を読んで頭をしゃきっとさせれば仕事にもいっそうハリがでてくるかも
※対応機種:iPhone(3GS以降推奨)、iPod touchおよびiPad互換。iOS 3.1.3以降が必要。
※iPhone、iPod Touch、iPadはApple,Inc.の登録商標です。 皆さんの投稿を募集中!
右下の投稿ボタンから投稿してください。

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト