思わず欲しくなる!

電話抜きのiPhoneとして使える? 新型iPod touch

2010.11.16 TUE


サイズは高さ111.0mm×幅58.9mm×奥行き7.2mm。重量101g。記憶容量は8GB、32GBがある。本体にはイヤホンとUSBケーブルなどが付属。Mac、Windows両対応。再生時間は音楽再生40時間、ビデオ再生7時間で、フル充電には約2時間必要
iPhoneを使ってみたい。しかし、諸事情あって今契約している携帯電話から乗り換えるわけにはいかないし、2台持ちではさすがにお金がかかりすぎる。こんな人、けっこう多いのではないでしょうか。

そんな人たちや、もしかしたら今現在iPhoneを使っているユーザーまでをも含め、多くの人に「ちょっといいかも」と思わせたのが、2010年9月に発表された新型iPod touchではないでしょうか。

iPadやiPhone 4にも採用されているApple A4(1.0GHz)のプロセッサ。iPhone4と同じ解像度の960×640ピクセル(326ppi)の3.5インチワイドスクリーンディスプレイ。HDビデオ撮影に対応した本体背面カメラと、テレビ電話に対応した前面カメラのダブルカメラ。…と携帯電話モジュールこそ搭載していませんが、中身はほとんどiPhone4なんですから。

iPadにはWi-Fiモデルと、Wi-Fi+3Gモデルの2種類がありますが、言うなれば新型iPod touchは、携帯電話とケータイメール抜きのiPhone Wi-Fiモデルなんです。

もっとも、電話機能以外にもiPhone 4から省かれていたり、劣っていたりする機能もあります。そのひとつがGPSアンテナの非搭載。実はiPhoneは電波圏外にいても、あらかじめ地図アプリで自分が訪れる範囲をダウンロードしておけば、内蔵GPSだけで現在地を表示することができるんですが、iPod touchには不可能。Wi-Fi接続でも現在地を補足できますが、取得に時間がかかったり精度がやや低い場合もあります。

もうひとつが、約70万画素という今どき携帯電話でも見当たらないほど低画素数の背面カメラです。とりあえず付いてる、くらいに考えた方が無難でしょう。

その代わりと言ってはなんですが、薄さ7.2mmに記憶容量最大64GBと、iPhone 4(薄さ9.3mm、最大32GB)に勝る点もあるiPod touch。とにかくWi-Fi環境さえ確保すれば、月々の通信費なしでiPhoneアプリを楽しめるというのが魅力ではないでしょうか。
(熊山 准)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト