ONで役立つ!

Windowsパソコンをタッチパネルでガンガン使いたい!

2010.12.14 TUE


サイズは263×168×18.5mmとA4サイズとA5サイズのほぼ中間なので、大きめの書籍に近い感覚だ。ちなみに解像度1366×768ドット(11.6型)でSSDを搭載した上位モデル「TW317AS」もあり、そちらのお値段は6万9800円。ちょっと高くなるけれど、ガンガンと持ち運んで使うなら、衝撃に強いSSDを搭載したこちらがオススメ
スマートフォンに続いて訪れたタブレット端末の流行。iPadを皮切りに、次々と新製品が登場している。R25世代の読者の中にも、メールを読んだりメモを取ったりするために仕事で活用している読者もいることだろう。

本体が軽いことやタッチパネルなど、使いやすいのがタブレット端末のメリットだけど、仕事で使うことを考えると、やっぱりOSがWindowsの方が何かと便利なのが現実だ。社内の業務システムがWindowsだけにしか対応していなかったり、資料作成のためにエクセルやパワポが必須だったりということは多い。

そこに登場したのがWindowsなのに完全にキーボードをなくしてしまった、オンキヨー「TW117」だ。10.1型のタッチパネルディスプレイを備え、Windows 7 Home Premiumが標準でインストールされている。

すべての操作はタッチパネルででき、物理的なボタンは電源のみ。見た目はパソコンではなく、タブレット端末そのものだが、電源を入れると立ち上がってくるのは見慣れたWindowsのデスクトップ。

インターフェイスにはUSB端子や外部ディスプレイ出力、メモリーカードスロットなどを備えているので、他のノートパソコンなどで使っているほとんどの周辺機器が、そのまま使えるのがうれしいところ。もちろん、Windows向けのソフトもOKだ。

文字入力はソフトウェアキーボードから行うが、必要とあらばキーボードやマウスをつないだり、プロジェクターに投影したりと、柔軟に対応できる。これで価格が約5万円とネットブック並みなのもナイスです。

タブレット端末に心惹かれながらも、Windowsから離れられないキミ、こんな選択肢はいかが?
(青山祐輔)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト