「データ通信量制限」導入で知っておきたい

5分動画なら11本/日が上限 !? 「3日で300万パケット」の目安

2011.10.06 THU


もちろん上記はフィクションです。なお、Androidには使用したパケット通信量を確認できるアプリもあるそう。動画好きはチェックしてみては?
イラスト/藤田としお
アメリカ最大手の携帯キャリアVerizonがデータ定額制を廃止し、使用量に応じて料金を課す従量制への移行を発表して世界を驚かせた7月。それに追随するかのように日本でも、一定のパケット数を超えたユーザーに対して通信速度規制を実施するという方針が各社から発表されました。

「この背景には世界的なスマートフォンの普及があります」と話すのはケータイジャーナリストの石野純也氏。「パソコンと同じサイトが見られるスマホは、従来のケータイに比べると圧倒的にデータ通信料が多い。ところが、ケータイ用の通信回線は、今ほどのデータ通信量を想定していないため、パンク寸前になっているんです」

ドコモ・auが3日間で300万パケット、ソフトバンクが1カ月で1000万パケットという制限をそれぞれ設けたのは、そんな理由があったんですね。でもこの“パケット”という単位。よく耳にはしますが、具体的にどんなサイトをどれだけ見ると何パケットになるのかいまいちピンとこない。せめて“バイト”で表示してくれたら…。

「確かにケータイならではのパケット表記はわかりにくいですよね。1パケット=128バイトなんですが、たとえばヤフーのトップページを表示すると200キロバイト強で1600パケット、YouTube動画を5分観ると40メガバイトで約33万パケットです」

通常のサイトなら1日600ページ閲覧しても3日で300万パケットに達するかどうか。一方、動画なら10本も観ればいってしまいます。

「ただしこれはPC版での試算なので解像度の低いモバイル版動画なら4分の1くらいの通信量になります。それでも心配な方は自分が月々どれくらいパケットを使っているかMyページで確認したり、自動通信してしまうアプリを切ったり、自宅やカフェでは積極的にWi-Fiを利用し節約するとよいでしょう」

電力同様パケットも節約する時代なのかもしれません。
(熊山 准)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト