モノによっては日本の半額近くに…

超円高メリットを享受する海外通販サイトのススメ

2011.10.06 THU


海外通販を始めるにあたって用意したいのはVISA、Master、AMEXなどのクレジットカード。eBayを利用するならPayPalアカウントもあればよい
1ドル70円台という未曾有の円高が進行中の日本。ですが国内で生活を送る分にはモノの値段は大して下がっていないし、円高を実感するほどではありません。「円高の恩恵を受けるなら海外通販を利用した個人輸入がオススメです」と話すのは『海外通販.com』を主宰するITコンサルタントの斉藤慎さん。

「ここ2~3年は日本にも発送してくれるショップが増えたので初心者でも気軽に利用できますよ」

実際どんなモノが買えるのか?

「いまアツいのは自転車本体やパーツですね。英国のwiggleというサイトでは日本語でも利用できて、パーツは50ポンド(6000円)以上購入すると送料無料です。本体の送料も90ポンドなので日本で買うより半額近く安くなります」

日本語で利用できるってのがいいですね。他にはどうでしょう?

「初心者の方なら米国のAmazon.comが全般的にオススメです。いまここは全世界向けのサービスを強化していて、例えばスーツケースを買っても送料1000円くらいで、しかも3日程度で日本に届くんですよ。日本で値引きされない海外製のバッグやオーディオも半額ちょっとで買えてしまいます」

3日は早い。でも海外通販ならではの落とし穴はないのですか?

「気をつけたいのは革靴です。価格の30%、もしくは4300円の『高い方』が関税として課税されるので、極端な話1円の革靴でも4300円取られてしまいます。あと、電化製品は国際保証のあるもの以外、故障修理のやりとりが大変なので避けた方が無難です。もっとも米国は返品文化の国なのでショップのアフターケアは丁寧ですよ」

なるほど。英語が得意ではない筆者もB&Hというショップで日本製デジカメ(国際保証付き)を購入したのですが、予備バッテリーと送料込みで、日本より1万円以上安く買えましたよ。しかもたったの2日で到着。うーむ、こりゃ利用しない手はないですなあ。
(熊山 准)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト