大手レビューサイト「アンドロイダー」に聞く!

膨大な数のアプリから「いいアプリ」を見つける方法

2011.10.07 FRI


オリジナルキャラの「ロイダー」が優良アプリをガイドしてくれる『アンドロイダー』。筆者のオススメは、定番アプリの紹介コーナー。「必」(必須アプリ)、「働」(ビジネスに使えるアプリ)など、カテゴリー別で便利です
スマートフォンを手に入れると、欲しくなるのが便利&楽しいアプリ。でも、有料・無料含めて膨大な数のアプリがリリースされていて、「いいものをどうやって探したらいいのか分からない」という人もいるのでは?

筆者自身、スケジュール管理用のアプリひとつとっても、数が多すぎて決めかねてしまい、待ち受け画面は寂しいまま…。ということで、日本最大のAndroid端末向けアプリ人力レビューサイト『アンドロイダー』を直撃。ズバリ、優良アプリってどうやって探せばいいんですか?

「Android MarketやApp Storeなどで閲覧できる、ユーザー評価やコメントが、重要な判断材料になります。また、端末ごとの“おすすめアプリ”を紹介しているサイトをチェックするといいですね」

なるほど。まずはダウンロードサイトでユーザーの評判をチェックして、さらにプロのレビューを読めば間違いなさそうですね。ちなみに、『アンドロイダー』ではどうやって優良アプリを見極めているんですか?

「基本は人海戦術です。アプリを探す“アプリハンター”が、Android Marketを随時チェックして、そこでピックアップされた数百ものアプリを、“レビュアー”が使って検証する、という流れですね。一定のクオリティに達していれば、晴れてレビュー掲載となります」

おお、きちんと全部試しているんですね。それでは、R25世代のビジネスマンには、どんなアプリが人気なんですか?

「定番の『乗換案内』や、システム手帳風のスケジューラー『ジョルテ』など、インターフェイスがシンプルで、使いやすいアプリが人気です。また、合コンで話のネタになるような、遊び心のあるアプリにも注目が集まっています。電話がかかってきたように装うことができる『Fake-A-Call Free』、微妙な操作を行わないとストップできない『イライラ目覚まし時計』なども面白いですね」

ソーシャルゲームの盛り上がりや大手ゲームメーカーの参入で、今後は大型のゲームアプリにも注目なのだとか。ユーザーコメントとレビューサイトをチェックして、ビジネスもオフタイムも、うまくアプリを利用したいものです。
(小山喜崇/blueprint)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト