日本語やチャットにも対応!超円高でお得に

「海外通販サイト」値下げ続出

2012.03.12 MON


1907年、テキサス州で創業した高級デパート「ニーマン・マーカス」。高級ブランドを多く取り扱う老舗の商品を、ネットで気軽に注文できる
先進国の相次ぐ金融緩和やドル・ユーロの下落で、外国為替市場は超円高モード。

そんな中、注目なのが「海外通販」だ。今回は、初心者でもわかる海外通販のメリットを、『海外ネット通販百科』(日経BP社)の著者・上野陽子さんに伺った! 

「ドル安に加え、今のユーロ安は、ブランド品を買う絶好のチャンスです。高級ブランドが集まるヨーロッパの通貨が安くなったことで、個人輸入店や海外通販サイトはどんどん価格を下げています。『ニーマン・マーカス』という高級デパートの通販サイトなど日本にオフィスを置くサイトも増えているので、初心者の方にも利用しやすくなってきています。最近はライブチャット機能が設置され、カスタマーサービスに質問を送るとリアルタイムで返ってくるところも。商品や発送方法に関する疑問を解消してから、購入することができますよ」

友達と会話しているかのようにチャットで問い合わせって、画期的! 最近では、日本語で注文できるところもあるようです。普段は手が届かないリュクスなブランド品も、賢く彼女にプレゼントできそうですね。

「ただし、モノによっては関税がかかるので注意しましょう。例えば、カバンや靴などの革製品だと、ひとつの商品につき、価格の約6割と送料の合計額の30%または4300円のいずれか高い方の額が課税されます。送料も航空便だと高くなるので、急ぎでなければ船便がおすすめですね」

筆者も1万円の革靴を5足買った際、「配達時に関税2万1500円が請求される」との連絡がきて、泣きそうになった覚えが…(泣)。

とはいえ、「海外通販の醍醐味は、日本にはない特別なものを発見できることです」と上野さん。円高の今なら、憧れのアイテムをリーズナブルな価格で手に入れるチャンス。関税と送料に気をつけて、海外通販をスマートに楽しんでくださいね!
(鮓谷裕美子)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト