ONで役立つグッズ!

LTE対応新型モバイルWi-Fiルータ

2012.05.14 MON


有機EL製のディスプレイには、電波状態や回線の種類(LTE/3G)、バッテリー残量などが表示される。サイズは約62×113×13.5mmで、重量は約140g
外出先でiPadからウェブを見たり、ノートパソコンでメールをやりとりしたりするのに、モバイルWi-Fiルータを利用する人がずいぶん増えました。ほんの数年前はかなりマニアックなデバイスだったけど、最近ではすっかり市民権を得た印象です。

便利なモバイルWi-Fiルータですが、このところ使っていると速度に不満を感じることが多くなりました。パソコンにしてもスマホにしても、扱うファイルがどんどん重くなってきたり、映像や音楽をネット経由で楽しんだりする機会がますます増えてきたからです。

そんな不満を解消してくれるデバイスが「GL01P」です。通信会社のイー・アクセスが始めた「イー・モバイルLTE」という新サービスに対応した、新しいモバイルWi-Fiルータです。

LTEとは、現在のケータイで広く使われている第3世代(3G)技術に代わって、より電波を効率よく高速で使えることを目指して開発された第4世代の国際標準規格のこと。国内では他にNTTドコモも開始しており、他の携帯キャリア各社も今後LTEのサービスを始める予定です。

このイー・モバイルLTEは、下り37.5Mbps、上り12.5Mbpsとかなりのスピードを実現。さらに一部のエリアでは、なんと下り75Mbps、上り25MbpsというADSL回線以上のスピードに対応しています。ただ、こういった数値はあくまでも理論値で、実際にはもっと遅くなるものですが、筆者が秋葉原で試してみたところ下りで約12.5Mbps、上りで約7Mbpsという、モバイルとしては十分な速度を記録しました。

もうひとつ気になるのがバッテリーの持ちですが、GL01Pのカタログスペック上の数値は9時間となっています。こちらも実際に外出先でスマホやノートPCをつなげて使ってみたところ、朝10時から夜8時まで断続的に使ったくらいなら余裕で持ちました。

今使っているモバイルWi-Fiルータに不満を感じている人、新たに検討している人も、今選ぶなら最新のLTEに対応したGL01Pを選んでおけば、当分の間はデータ通信回線について心配せずにすみますよ。
(青山祐輔)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト