次代を創る!驚異のチャレンジ25連発

「スパコン」処理速度世界一奪還へ

2012.08.14 TUE


※写真は「京」を応用した「PRIMEHPC FX10」(富士通) 取材・文:吉原徹(サグレス)
次世代スーパーコンピューター「京」/富士通

日進月歩のコンピュータ技術。その極北に位置するのが「スーパーコンピュータ」だ。

6月18日に発表されたスパコン性能ランキング「TOP500」の最新版では、米IBM製の「セコイア」が1秒あたり約1京6000兆回の計算能力を証明し、世界最速を奪取。理科学研究所と富士通が協同開発し、昨年6月、11月の「TOP500」で2度連続首位をキープしていた次世代スーパーコンピューター「京」は2位に転落した。

年々激化するスパコンの開発競争。富士通は「京」の後継機となる新スパコンの開発にも意欲を見せており、近年中の首位奪回を目指している。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト