次代を創る!驚異のチャレンジ25連発

食料危機を解決!? ミドリムシの活用

2012.08.15 WED


(c)EUGLENA CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED. 、取材・文:吉原徹(サグレス)
ミドリムシの大量培養/ユーグレナ

植物のように光合成で成長し、動物のように動き回るミドリムシは、植物と動物の中間に位置する藻の一種。植物と動物両方の栄養素(59種類!)を併せ持ち、そのなかには人間に必要な栄養の大部分が含まれているという。

国内の大学を中心としたミドリムシ研究の実績をもとに、2005年に世界で初めて食品としての大量培養に成功したのが東京大学内に研究室を構えるユーグレナ。同社はミドリムシを使った機能性食品や化粧品を開発・販売するほか、ミドリムシの二酸化炭素の吸収力の高さや油脂分の生成にも着目。CO2の削減やバイオ燃料としての利用にも挑戦している。

食糧危機、温暖化、エネルギー不足…。ミドリムシは人類の救世主となるか!?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト