思わず欲しくなる!

つぶやきを読み上げるカワイイ機器

2012.11.24 SAT


ついまるは「ツイッターアニマル」の略。青色が男性声でしゃべる「フォ郎」、白色が女性声でしゃべる「フォロ美」という。1台のパソコンにつきフォ郎とフォロ美がそれぞれ1機ずつ合計2機まで接続可能
みんなツイッター使ってる? ネット上でいろんな人とコミュニケーションできたり、情報収集できたり、何かと便利なツイッター。個人的にも日常生活に欠かせないツールになっている。

そんなツイッターに、ついに専用の周辺機器まで登場した。その名も「ついまる」。オモチャメーカーのタカラトミーが開発した、ツイッターの“つぶやき”を音声で読み上げてくれるアイテムだ。

使い方は、USBポートについまるをつなげ、専用ソフトをWindows PCにインストールすれば準備オーケー。ソフトを立ち上げて、自分のツイッターアカウントのIDとパスワードを設定すれば、ついまるがツイートを読み上げ始める。

仕組みは、音声合成ソフトによってツイートを声に変換して、ついまるの内蔵スピーカーから流すというもの。音声合成というと、不自然な声を想像しがちだが、ついまるの“しゃべり”は滑らかで、聞いていて割と違和感が少ないものとなっている。

ただ、抑揚が少なく、淡々とツイートを読み上げているのを聞いていると、AMラジオのニュースを聞いているような気分になってくる。でも、その内容は、友だちのくだらない内容のツイートだったりするので、そのギャップが楽しい。

ソフトの設定によって、特定のアカウントや、特定の話題に関連するツイートだけを読み上げることが可能。新聞社やニュースサイトの公式アカウントを設定すれば、淡々とニュースのトピックを読み上げてくれるので、それこそラジオニュースのような使い方だってできる。

さすがに仕事中に使うのは難しいけれど、ツイッターの新しい活用方法としていろいろと試してみたくなるアイテムだ。

(青山祐輔)

※この記事は2011年05月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト