思わず欲しくなるグッズ!

自宅も監視可!無線小型カメラ

2012.12.13 THU


本体サイズは高さ3cm×幅3cm×奥行き3.5cm。解像度はVGA(640×480)QVGA(320×240)QQVGA(160×120)のいずれかを選べる。IEEE 802.11b/gに対応。7月中旬発売予定
ペットを飼っている人なら「わかる!」といってもらえると思いますが、仕事中や外出中にカワイイ愛犬や愛猫がどうしているか気になりませんか。

遠隔操作ができるカメラで監視なんて方法もありますが、コスト的に安くはありません。しかし、プラネックスから7月中旬に発売される「CS-W07G-CY」は、1万500円で購入できる格安のネットワークカメラ。しかも、世界最小クラスのサイズでかさばりません。

ネットワークカメラと聞くと設定が難しそうですが、「CS-W07G-CY」はWi-Fiの設定と同じ要領で設定が可能。一度接続すると、パソコンやスマートフォンのブラウザを起動して、購入時に指定されたアドレスをアドレスバーに打ち込むだけでWEB設定画面が開き、インターネット回線を利用して遠隔地に設置したカメラが映し出すリアルタイム映像を見たり録画したりできるんです。

さらに面白いのは、iPhone/Androidアプリを使用してインターネットを介さずに撮影している映像を見たり録画したりすることができること。この場合はアドホック接続という至近距離のみ接続方法なので、外出先などから閲覧することはできませんが、7m程度なら離れることが可能です。

カメラは電池駆動で自由に動かすことができるので、ペットにつければ面白い目線の映像を録画したりもできそうな気がします。ペットを飼っていない人でも、自転車や自動車につける車載カメラにしたり、会社のオフィスで上司が席にいるかをチェックしたりいろいろと活用できそうです。
(コージー林田)

※この記事は2011年06月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト