一体何がどう違うの? 今さら聞けない! 

「無料通話アプリ」選び方&使い方

2012.09.24 MON


それぞれ特徴はあるが、使い方はほとんど同じ。使うアプリを変えても、新たに操作を覚える必要はなさそうだ ※左上から時計回りに「Skype」「LINE」「カカオトーク」「WowTalk」「Viber」 *この画像は、アプリのスクリーンショットです
スマートフォンの普及とともに、定番化してきている「無料通話アプリ」。無料で通話ができるのは魅力的だけど、「Skype」に「LINE」、「Viber」などなど、たくさんありすぎて、どれが使いやすいのかわからない…。

というわけで、ITジャーナリストの高橋暁子さんに、無料通話アプリの選び方を教えてもらいました。まずは、ビジネスで使う場合に便利なのは?

「ビデオ通話ができるため、海外との会議にも使用できる『Skype』がオススメです。チャットで画像添付ができるので、いろいろな用途に使えるでしょう。ただし、通話もチャットも、互いにログインしていないとつながらないので、事前に『○時に通話しよう』と決めておかないといけません。そういう意味でもビジネス向けといえます」

確かに友達との通話だと、事前に約束するのは少し手間かも。では、プライベート向けでのオススメは?

「かわいいスタンプで円滑なコミュニケーションをとれる『LINE』ですね。ユーザー同士であれば、相手がログインしていなくても、通話やメッセージをプッシュ通知で知らせてくれます。企業やお店の公式アカウントからクーポンもゲットできるので、お得感もありますよ」

「Skype」や「LINE」はかなりメジャー感があるけど、「Viber」など、ほかのアプリはどうでしょう?

「『Viber』は、通話の音質がクリアで聞きとりやすいのが特長。ただ、すべて英語表記なのが難点です。細かな設定が面倒という人は、ユーザー登録不要の『WowTalk』がいいでしょう。ダウンロード後すぐに、ユーザー同士でビデオ通話やチャットができます。海外によく行くなら『カカオトーク』が便利。全世界で使用でき、12言語に対応しています。写真やボイスメッセージを送れるのも魅力です」

ひと口に「無料通話アプリ」といっても、それぞれ微妙な違いがあるんですね。う~ん、僕はどれにしよう…。

「いずれも、通話したい相手が同じアプリをインストールしていることが前提なので、同僚や友人、家族がどれを使っているかも、選択基準の一つになりますね」

となると、使い勝手が良いのはやはりユーザー数の多いアプリということに。ただ、どれも無料だから、実際に試してみてチョイスするのが一番いいかもしれませんね。
(有竹亮介/verb)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト