マルチデバイス活用のススメ

第2回 複数デバイスを使いこなすアプリ活用テクとは?

2012.10.25 THU

マルチデバイス活用のススメ

「不安」なのに、必須アプリを忘れがち!?



みんなのデバイス活用方法を調べるために、まずはデバイス別に「よく使用しているソフト(アプリ)のジャンルは?」と社会人100人にアンケートを実施しました(アイ・リサーチ調べ)。ノートPC、デスクトップPC、スマートフォン、Android用タブレット、それぞれで同じ質問をしてみたところ、すべてのデバイスで1位が「メール」、2位が「動画鑑賞」との結果に。やはりすべてのデバイスで、インターネットへの接続は当たり前の様子。

他にも、「SNS」や「ゲーム」などと並び、予想以上に多かったのが「ショッピング」。ノートPCでは44%、デスクトップPCでは44.9%と、メインで使用することの多いデバイスでは、約半数の人が「よく使用している」とのことでした。スマートフォン、Android用タブレットのモバイルデバイスでも上位にランクインしており、各デバイスで「ショッピング」は人気のようです。

確かに、ファッションアイテムや音楽・動画ファイルなど、インターネットを通じて、いつでもどこでも購入できるのは、複数デバイス活用の魅力の1つ。「いずれかのデバイスで、ネットショッピングを利用したことがありますか?」と聞いてみると、なんと90%の人が「YES」。そこで、もう一歩踏み込んで、どんなものをどれくらい購入しているのかも調査してみました。
「様々なサイトでアイテムを比較!」など、気軽で楽しいネットショッピング。しかし、中には閲覧するだけで、ウィルスに感染するなどの不正なサイトの存在も。使用しているデバイスのセキュリティチェックは、忘れずに!
「ネットショッピングでどんなものを購入したことがありますか?」の質問に、1位は51.1%で「食品・飲料品」。2位は44.4%で「家電」、3位は42.2%で「洋服」でした。購入アイテムが衣食住のジャンル違いで僅差と、ネットショッピングは広い範囲でR25世代の日常に溶け込んでいるようです。「1回のネットショッピングで使った最高金額は?」のアンケートでは、1位が18%で「5000円から1万円未満」2位は17.8%で「1万円~2万円未満」。そして、3位タイになったのは14.4%で「3000円未満」と「10万円以上」と、金額でも広い範囲での活用が見られました。

確かに、いつでもどこでもショッピングが楽しめるようになったのは、様々なデバイスが登場したことによる大きなメリットかもしれません。仕事の合間やちょっとした待ち時間に、「ショッピングで気分転換」なんて、使い方もあるのでは? ネットショッピングが、R25世代に深く浸透しているようですが、ネット決済には「フィッシング詐欺や不正サイトが心配」という不安も付きもの…。そこでみんなの危機意識を確認するため「使用しているすべてのデバイスに、有料セキュリティソフトを入れていますか?」と聞いてみると「YES」と答えられたのは32%と少数派。さらに「インストールしていない」と答えた人が21%と、アプリを使いこなしているはずのR25世代から、なんとも頼りない結果が。

様々なデバイスで安心してネット決済をするには、セキュリティアプリの活用が必須。しかし、複数のデバイスを利用すると、その台数の多さからかセキュリティが甘くなってしまうようです。そんなR25世代にオススメなのが『カスペルスキー2013 マルチプラットフォーム セキュリティ』。台数制限がなく、個人が持っているすべてのデバイスにインストール可能という、新しいセキュリティのスタイルをプライベート版では実現してくれます。危険なサイトを自動的にブロックする「フィッシング対策機能」など、クラウドを通じて常に最新の情報で、デバイスをしっかりガードしてくれます。、『カスペルスキー2013 マルチプラットフォーム セキュリティ』で、複数デバイスの快適なネットライフを過ごしましょう。 皆さんの投稿を募集中!

右下の投稿ボタンから投稿してください。

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト