WiMAXにブルーガチャムク限定モデルが登場

ネットの限界に「NO!」

2012.12.18 TUE


WiMAXルーターブルーガチャムク限定モデルが登場(数量限定)。カラーバリエーションも選べる!「URoad-SS10(写真左)」:レッド、ブラック、ホワイトの3タイプ。「AtermWM3600R(写真右)」:ピンク、シルバー、ブラックの3タイプ
最近話題のLTE対応スマートフォン。高速データ通信が可能という話だけど、実は、スマホ経由でPCやタブレットをインターネットに接続する「テザリング」を行ったときには、「速度制限」「充電切れ」「エリア制限」「追加料金」など様々な制限がかかる場合があるのをご存じだろうか? そこでオススメしたいのが、WiMAXによるモバイルインターネット通信だ。せっかくのテザリングを使いこなしたければ、これを利用しない手はない。“手ぶら”でテザリングした場合と、WiMAXを利用してテザリングした場合でどれほどの差があるか、簡単にご紹介しよう。

まずは「速度制限」。実は、スマホでテザリングをしながら動画などデータ通信量の多いコンテンツを閲覧すると、容量オーバーによる速度制限がかかってしまうことがある。制限時の通信速度は128Kbpsが一般的で、こうなってしまうと、動画サイトの再生やアプリのアップデートにすごく時間がかかるし、解除するためには追加料金が必要になることも。しかしWiMAXの年間契約プランなら、1年単位の継続利用を条件に、月の基本使用料3880円で使い放題。速度制限やそれにともなう追加料金もかからないのだ。

次に「充電切れ」。「バッテリー切れ」の早さは、スマホユーザーなら多かれ少なかれ実感しているところだろう。特にテザリングはバッテリー消費量が大きい。テザリングをしていたらバッテリー切れになってしまい、気付けば電話さえもできなくなってしまった…なんてことも。その点、WiMAXなら連続通信時間最長10時間のバッテリー性能をテザリングにフル活用できるから安心だ。

そして「エリア制限」だが、高速通信が売りのLTEサービスは、まだ始まったばかりなので意外と高速エリアが狭い。しかしWiMAXの高速モバイル通信は、全国の人口カバー率約94%を達成(全国の市区町村の役場が所在する地点における通信が可能か否かを基に算出)。主要都市以外でも広く利用できる。

さらには「追加料金」。前出の速度制限がかかることを考えると、家の中でPCやタブレットにスマホをテザリングさせて使うのはあまり現実的とは言えない。そうなるとやはり、自宅にも高速通信環境を整備したくなるが、自宅とモバイルデバイスでそれぞれ別業者と契約すると支払いが大変だ。その点、WiMAXなら速度制限解除による追加料金が発生しないうえに、家の中も外出先も、WiMAXで通信環境を一本化すれば、料金も一本化することができる。家でも外でもどれだけ使ってもず~っと月々3880円というのはとても魅力的だ。

今回、そんなWiMAXに、色まで選べるブルーガチャムク限定モデルが数量限定で登場。最大10時間の連続通信ができる「AtermWM3600R」は移動の多い人にも安心。タフでしかも休止状態から15秒でクイック起動が可能だ。また「URoad-SS10」は、薄さ11.8mmのスリムボディ。薄くて軽いのでカバンに入れて持ち運ぶのにピッタリ。

様々な制約をとっぱらってテザリング機能を堪能できるWiMAXのオススメ2機種。見た目もカワイイので、女性社員から「あ~、なんですかそれ!」と声をかけられるかも!?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト