ネット界の“旬”なニュースをお届け!

今年は3種類? iPhoneの噂

2013.01.24 THU

噂のネット事件簿


実現も間近? iPhoneで指紋認証をしたときのイメージ画像 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
iPhoneといえば、一年を通して新作の噂が絶えない。今年も年明け早々に廉価版iPhoneの噂が流れ、Apple幹部がその報道を否定するなどという、ちょっとした騒ぎもあったばかりだ。

そのほかにも噂はあれこれ出てきている。例えばアップル社製品の情報を集めたサイト「Apple Insider」が伝えたところによると、1月20日に中国の新聞「China Times」は、サプライチェーンからの情報として、アップル社が今年3種類の新世代iPhoneを発売し、そのうち「iPhone Math」は800万画素で4.8インチのディスプレイを持つことなどを報じたという。

この噂はすでに日本のネット上でも話題となっているが、2ちゃんねるのニュース速報板のスレッド「アップル、4.8インチのデカiPhoneなど3機種乱れ打ち」では、

「もうスペックあげたり大きさを変えるだけか。
新しい発想はできなくなっちゃったんだな」
「ほんと、こんなことでしか進化できないとなると
やっぱりジョブスって偉大だったんだなぁって思うわ」
「画面が何インチとかもう飽きたわ・・・」
「iOSを大幅に刷新しないとiPhoneの未来はないのではないだろうか」

などと厳しい意見がぞろぞろ。ディスプレイが大きくなることや、画素数が多くなることは“新しいバージョン”としていわば当たり前の進化であり、アップルならではの驚きがない新製品に対し辛口のコメントが目立つ。また、「デザイン変更か全く新しいものを作ってるならいいけど、ラインナップだけ無駄に増やしてるなら見限る」と、「iPhone○○」が増えることには批判的な声も。

一方、アップル社製品の情報サイト「Cut of Mac」や「MacWorld」は新たなアップルの動きを伝えた。KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏によれば、Appleは昨年AuthenTecという指紋認証センサーを開発する会社を買収していることから、今年発売されるiPhoneには、指紋認証機能が搭載されると予想しているという。発売は6月頃になるだろうとの見方を示していることが紹介されている。こちらの機能も、すでに指紋認証センサーが搭載されたAndroidの機種が発売されていることから、iPhone独自の機能とはいいにくい。

革新的と思わせる“何か”があってこそのiPhone――そんなユーザーの期待が否定的なコメントに表れているといえる。スマートフォン激戦のなかで、次のiPhoneが、アップルの勝負どころとなるのは間違いなさそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト