航空機の部品からメガネまで…

特殊プラスチック 注目のウルテム

2013.04.18 THU


折り曲げても、ねじっても壊れないメガネフレーム「Zoff SMART」。もしも購入から1年以内で壊れたら、無償交換してもらえるそうだ
最近になって、特殊プラスチックの「ウルテム」という名前を目にした人はいるだろうか。かなり高性能の素材らしく、その聞くからに未来的な響きは、なんだか男ゴコロをくすぐられる。

この「ウルテム」を様々な産業分野に素材として提供している、SABICイノベーティブプラスチックス社によると、「優れた耐熱性、高い強度と剛性、幅広い耐薬品性」を備えており、加工性も高いため、航空機の部品や防護服の素材など、多彩な分野で利用されているのだとか。

さらに僕らの身近なところでも、すでにウルテムは浸透し始めているという。

例えばメガネ。メガネブランド「Zoff」では、フレームにウルテムを使った軽量メガネ「Zoff SMART」を展開している。Zoffを運営するインターメスティック・宣伝販売促進部の福原恵子さんに、採用した理由を聞いてみた。

「日常的に使うアイテムの素材として考えたときに、ウルテムの最大の魅力は『軽さ』と『壊れにくさ』(安全性)を両立している点です。従来のメガネに対するユーザーの不満として、『重い』『壊れやすい』という大きな要素があり、これを一気に解消できてしまう、画期的な素材だといえます」

「Zoff SMART」のフレームは“およそ100円玉2枚分”(9.4グラム)という軽さで、グニャリと曲げても壊れず、使ってみればそのスゴさが簡単に実感できる。

ウルテムはギターのピックにも使われていて、「グリップ感がよく、耐久性が高い」として評判になっているみたい。また、アイウエアでは3Dメガネや安全ゴーグルへの利用も期待されているそう。名前の響きとともに、用途でも近未来感を満喫できそうなウルテム製の商品、さらなる普及に期待大です!
(小山喜崇/blueprint)

※この記事は2012年4月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト