目覚ましい世界進出にファンは複雑!?

初音ミクCM カンヌ賞受賞

2013.06.26 WED


受賞したCMの動画は、YouTubeにも2011年12月にアップされている。6月22日現在で再生回数は、372万回を超えるほど人気 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ボーカロイドの「初音ミク」を起用した、ブラウザ『Google Chrome』のCMがフランスのカンヌ国際広告祭で、「ダイレクトマーケティングを対象としたダイレクト部門 企業イメージ&インフォメーション部」で銅賞を受賞した。実際に受賞したのは同CMを手がけた博報堂だが、ネットユーザーの初音ミクファンはすっかり「初音ミクが受賞」として沸き立っている。

2ちゃんねる・ニュース速報板では、「【速報】 ミク、カンヌ国際賞を受賞! 世界公式認定へ」というスレッドが立てられ、このニュースに対し

「これは素直にすごいね」
「ミクちゃんは世界中の人たちから愛されているからな」
「ミクさんおめでとう!」
「ミクさんの一人歩きすげぇな」

と祝福する声がある一方で、

「カンヌ国際賞で認められたから何なの?
そう言うものじゃないでしょミクさんの魅力は」

という意見もあるが、初音ミクの世界進出は目を見張るものがあるのは事実だ。

ネットでは以前から“初音ミクがロンドン・オリンピックの開会式に登場するのではないか”という噂があるが、この受賞に続いてその噂が事実になれば、ますます世界的に認知度が高まる。そんな初音ミクに、

「でもなんだか遠い存在になっちゃうみたいでちょっぴり複雑かな?」
「ミクさん一体どこまで行くだよ・・・」(原文ママ)

と複雑な胸の内を吐露するファンも見られるが、それも自分たちが見守ってきた初音ミクに対する愛情ゆえ。感慨深いものがあるようだ。

※この記事は2012年6月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト