スマホキーワード

「フラットデザイン」とは

2013.07.18 THU


「フラットデザイン」が新たに採用された「iOS7」のホーム画面 これまでのアップル製品のUIデザインは、リアルな物体を表現したデザインが主流だった。「iOS7」ではアイコンやボタンが平面的になり、以前の画面に比べるとシンプルさが際立つ印象だ
2013年のUI(ユーザーインターフェース)デザインのトレンドともいわれる「フラットデザイン」。質感や立体感のない平面的なデザインのことで、先日アップルが発表した「iOS7」の画面に新たに採用されていることでも話題となった。フラットデザインには、アイコンの陰影などの立体的な表現が消えることにより、タッチすべき場所が分かりづらくなるという懸念点もある。しかし、過剰な装飾やエフェクトが削ぎ落とされたシンプルなデザインは、これまで主流だった写実的なリッチデザインに飽きの来たユーザーからは好評の様子。「iOS7」以外にも、マイクロソフトのWindows Phoneのホーム画面やGoogle Playストアなど、すでに様々な所で活用されている。

  • トレンドの波はスマホ以外にもリニューアルされるウェブサイトも続出

    「Yahoo! JAPAN」では6月17日、PCトップページがフラットデザインに。「Yahoo! JAPAN」のロゴや各種サービスのアイコンが平面的なデザインにリニューアルされた

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト