ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ヤフオク!にファミコンが1000台

2013.07.16 TUE

噂のネット事件簿


この出品は1回限りとのこと。貴重な商品が大量に手に入るチャンス? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
今年7月15日、任天堂のファミリーコンピュータが誕生して30周年となる。それを記念し、「祝 ファミコン生誕30周年」との謳い文句で、なんとファミコン1000台をヤフオク!に出品しているネットユーザーがいる。

出品したネットユーザーは、商品説明のなかで「家庭用ゲーム文化の原点ともいえるファミコン。日本人の宝のひとつだと私は思っています。このまま忘れ去られて欲しくない為の出品です」と、出品にかける想いをつづる。レトロゲーム屋を営んでいるらしいこのユーザーは、「私もこれを機会に、レトロゲーム屋を縮小、新事業展開の為、命ともいえる在庫の一部、ビデオ出力付きファミコン1000台まとめて出品です。バラ売りは致しません」と宣言。

ラインナップは美品480台、良品420台、日焼け100台と様々だが、1000台出品するために約2400台を分解、使える部品を選定しコツコツと整備してきたというから、本気である。

出品価格は750万円から。ファミコンの本体価格は発売当時の値段で1万4800円なので、通常であれば1000台で1480万円。これを半額の750万円で出品しているのだから大きな割引にも思えるが、あまりに規模が大きいのか、一般ユーザーにはなかなか手が出ないようで、7月12日9時時点で入札はゼロのままだ。

受け渡しから3カ月間の動作保証付き。さらに落札後にすべて最終チェックを行ってから順次発送するため、一日30台ずつ発送するとして、受け渡すのに30営業日前後かかるとのこと。ファミコンは「文化財」と力を込める出品ユーザーの熱い想いを受け止める落札者はいるのか、注目される。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト