自動車うんちく教習所

第3回 ビッグデータとカーナビの知られざる関係

2013.08.02 FRI

自動車うんちく教習所


渋滞情報の提供に使われている「VICS」が約7万kmに対し、カロッツェリアがもつ道路データは約70万km分、細街路をのぞく全国全ての道路に対応していることになる。

ドライバーみんなが“今”を共有する?



「カロッツェリアのカーナビには、2006年から“スマートループ”という独自のネットワークを活用しています。ユーザーの走行履歴を専用のクラウドサーバーに集めて、詳細な渋滞情報としてユーザー同士で共有しています。いわゆるVICSの渋滞情報よりもさらに詳細な渋滞情報なので、より正確な目的地への到着時間を予測できます。また、駐車場の入り口もユーザーからの走行データをもとに地図データに反映されていくので、ドアtoドアの案内が可能となります。」

なるほど〜。たしかに今起こっていることを知るなら、実際に走行中のクルマから情報を集めるのが一番。身近な例にたとえてみると、先に出かけた友人のクルマに電話をしたら、「〇〇トンネルの手前で事故があって、すごい渋滞につかまっちゃってる…。別のルートで来たほうが、早いかも。」といった会話のやり取りを、カーナビ同士が通信してくれるようなイメージに近いかも。ほかにも、リアルタイムで情報とつながることで、最も安いガソリンスタンドや、すぐに利用できる駐車場などの検索も可能なのだとか。
突発的な事故や車線規制などは、画面上の表示だけでは情報が不十分。「スマートループ アイ」では、画像を見ながら走行ができる状態なのか、道がふさがっているのかまで判断ができる
「スマートループは、さらに進化してます。最新型のサイバーナビに搭載されている“スマートループ アイ”は、サイバーナビに付属しているカメラで撮影した写真を、ユーザー同士で共有する仕組みです。混雑する高速道路のジャンクションや一般道交差点、交通規制場所、大型施設の駐車場入り口付近などが“スマートループ アイスポット”として設定されており、その場所の現在の状況を写真で確認できます」

さっきのたとえでいうと、先行している友人から写真が送られてくるイメージですね! 百聞は一見にしかずといいますが、これから行く先のリアルな状況を離れた場所から確認できるなんて、まるで自分専用のライブカメラを手に入れたような気分です。

そして、もう一つ驚いたのが、ビッグデータを活用した地図の更新です。

「サイバーナビには“ロードクリエイター”という機能があります。これは、カーナビの地図に反映されていない新しい道を走ったときに、その走行軌跡をもとに地図上に道路データを自動作成するというものです。このデータは専用サーバーに集められて、いち早く地図整備にむけた活用をしています。」

通常は地図会社が調査して地図の改訂を行うものだけど、それに加えてユーザーの走行データを活用することで、地図に反映されるタイムラグも少なくて済むらしい。 刻一刻と変わる交通状況や街の変化に対して、リアルタイムな情報をいかに活用するかで、カーナビの精度には大きな差が出るのだそう。“1台1台のクルマの情報がみんなのためになる”という考え方がイマドキっぽい。

話を聞くまでは、いまいちビッグデータとカーナビの関係がつかめなかったけど、よくよく考えてみると、両者はとても相性のいい関係といえそう。ネット時代ならではのカーナビを活用して、ドライバー同士の輪(ループ)に入ってみてはいかがでしょう?

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト