スマホキーワード

スマホで楽しむ定額制動画サービス

2013.10.03 THU


NTTドコモの「dビデオ」利用は月額525円 映画やドラマのほか、ミュージックビデオやカラオケなどの音楽コンテンツも楽しめる「dビデオ」。オリジナル番組「BeeTV」では、独自に制作したドラマやお笑いなども見ることができる。
映画やドラマなどの動画コンテンツを、スマホやタブレットで視聴できる「動画サービス」が続々登場している。2011年にアメリカの「Hulu」が日本に上陸したのを皮切りに、NTTドコモによる「dビデオ」、auの「ビデオパス」、ソフトバンクの「UULA」など、キャリア各社による動画サービスがスタート。このほか、家族向け動画をメインとする「ファミリービデオ」や、オリジナルコンテンツをネットではなく電波で配信する「NOTTV」なども、スマホで動画を楽しめるサービスだ。これらの動画サービスの特徴は、月々の定額制でコンテンツを楽しめること。コンテンツごとに課金するよりもおトクなため、動画をたくさん視聴したいユーザーには嬉しいトレンドといえるだろう。

  • Hulu (Android / iOS アプリダウンロード無料)

    人気シリーズの海外ドラマが豊富な「Hulu」は、月額利用料980円。少々お高く思えるが、マルチデバイス対応のため、複数のデバイスを持っているユーザーに人気。
  • UULA (Android / iOS アプリダウンロード無料)

    ソフトバンクの「UULA」はエイベックスと提携しており、音楽コンテンツがメイン。オリジナルのドラマやミュージックビデオもラインナップしている。月額490円。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト