ネット界の“旬”なニュースをお届け!

男子反応「例のプール」特集本発売

2013.12.24 TUE

噂のネット事件簿


出版元であるアスペクト文化部のツイートより。「例のプール」は、2013年4月、当時「週刊少年ジャンプ」に連載されていた『恋するエジソン』(作・渡邉築)にも、「男なら誰でも一度は見たことがある」として登場したことがある。男性のあいだでは、それほどまでにポピュラーな存在なのだ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
「例のプール」という言葉を聞いた際、パッとその映像が頭に浮かんでしまう人の多くは男性であり、そして結構エッチな性格の持ち主かもしれない。

「例のプール」とは、都内スタジオにある、各種映像作品のプールシーンにおいて頻繁に使われる、ガラス張りの部屋の中の小さなプールのことだ。これまで、2013年10月に放送されたドラマ『世にも奇妙な物語』(フジテレビ系)の石原さとみ主演のエピソードや、とんねるずがメインMCの特別番組『東京風』(フジテレビ系)など、多くの番組の舞台となってきた。

同時に、グラビアアイドルのイメージビデオやアダルトビデオのプールシーンでも多数登場。そのため、そのような映像作品に造詣が深い男性ネットユーザーたちのあいだで、「例のプール」という愛称が広まったのだ。このほか、「あのプール」や「例プ」といった略称も使われている。

そんな「例のプール」。おそらく、女性で知っている人はほとんどいないと思われるが、男性のあいだではとにかく知名度が高いのだ。試しに、動画サイト・ニコニコ動画で「例のプール」というキーワードで検索すると、ヒットする動画の数は381本。イメージビデオのキャプチャー動画から、投稿者が自ら加工して「例のプール」を背景にしたと思われるアニメ風映像まで、さまざまな動画が検索される。

そんな「例のプール」を特集した本が発売されるとして、ネット上で話題になっている。その名も、『例のプール』(出版・アスペクト)。著・編集は、“例のプール研究会”という団体で、発売日は2013年12月27日だ。通販サイト「Amazon.co.jp」では、既に同作の予約受付が始まっており、作品の内容紹介には、

「男なら誰でも知っている日本一有名なプール、人呼んで『例のプール』。この『例のプール』で撮影を行なった女優やソフトメーカーのインタビューから、登場したさまざまなジャンルの作品紹介・レビュー、そして『例のプール』にまつわるウワサ話の検証まで、この一冊で、例のプールのすべてがわかる!?」(原文ママ)

と書かれている。この本の発売情報がネット上で拡散されると、ツイッターには、

「これは気になる」
「例のプールで分かってしまう自分」
「例のプール研究会ってw」
「例のプールの本が出るとか…買うしかない…」

など、興味津々の反応が多数投稿された。「ああ、例のプールかぁ・・・女だけど知ってるよ!」など、女性ユーザーの反応も少なからず見られ、内容紹介にある通り、いよいよ「例のプール」は日本一有名なプールになってきているのかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト