「語学」「ビジネススキル」「資格取得」

お薦め「電車学習アプリ」3選

2014.02.06 THU


優秀なビジネスマンは時間の使い方が上手なもの。通勤・移動時間にやることを決めておいて、タイムロスをなくそう 写真提供/PIXTA
電車通勤の時間を有意義に過ごしたい。そんな気持ちとは裏腹に、何もしていない人も多いのでは? もう少し時間を有効に使えないものか。参考までに、電車通勤する若手ビジネスマンに「スキルアップや成長のために車内でしていること」を聞いた。

「営業トークを磨くため、スマホでラジオを聞いて、会話術を学ぶ」(30歳・IT)、「中吊り広告のフレーズをスマホにメモ。宣伝のコピーを考える際に役立つ」(28歳・広告)、「英語学習のためにスマホで洋書を多読。簡単な童話から始めるのが長く続ける秘訣」(33歳・証券)。

いずれも電車内で使いやすいスマホを利用し、思い思いの方法で学習している模様。ちなみに、2012年に総務省が実施した「社会生活基本調査」では、35歳未満の働く独身者の実践率が高い「学習・自己啓発」は、1位「パソコンなどの情報処理」(15.9%)、2位「英語」(9.5%)、3位「商業実務・ビジネス関係」(9.4%)だという。最近は、これらのスキルを向上させるのにうってつけのスマホアプリやサービスも数多い。そこで、通勤時間にも利用できそうなものをピックアップしてみた。

●語学系/帰国子女とTOEIC950点超のメンバーが開発した「本気で英会話!ペラペラ英語」は、App Storeでも特に評価が高いiPhoneアプリ。コンピュータとの英会話チャットもでき、実践的かつリアルな英語が学べる。

●情報処理系/iPhoneアプリ「エクセルマスター」は、エクセルの機能や関数にまつわる問題をクイズで出題したり、わかりやすいテクニック集でスゴワザを習得できる。

●商業実務系/資格取得を目指す人には、その名の通り、通勤時間などにスマホで「中小企業診断士」「宅建」「FP」の勉強ができるラーニングサービス「通勤講座」がオススメ。

なお、通勤時間が往復60分の場合、1年間で240時間近くを車内で過ごす計算になる。せっかくなら成長につながる時間に充てたいものだ。
(末吉陽子/やじろべえ)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト