9月9日に発表される?

「iPhone6」注目の噂まとめ

2014.08.14 THU


米amazonに登場したiPhone6のケースと称する製品。5ドル程度~20ドル台まで、他にも何種類か登場している(※画像はサイトのスクリーンショットです)
そろそろiPhone6の発表がある――ネット上を飛び交う噂が現実味を帯びつつある。iPhone4s以降、アップルは例年9~10月にiPhoneの新製品を発表してきたためだ。今秋の発表日をめぐっては、先ごろ、アメリカのテクノロジー系ニュースサイト『Re/code』が「9月9日」と報道。その後、Bloombergとウォールストリートジャーナルも同日と報じたことで、ネット上では噂が熱を帯び始めている。

では、注目のiPhone6はどんな進化を遂げているのだろうか? 発表日同様、iPhone6の仕様に関しても様々な噂が流れており、機種変更を検討している人には気になるところだ。参考までに、これまでに出回っている噂をまとめてみよう。

噂1【デザインはやや丸みを帯びる?】
一部でiPhone6のモックアップ(模型)とされるものが出回っている。それによると、これまでのプレート状のまっすぐな形と異なり、角がやや丸みを帯びた形になっている。米AmazonにはすでにiPhone6用のケースと称する製品が登場しており、それらの形状から見ても、信ぴょう性は高そうだ。

噂2【画面サイズは大きくなり、4.7インチと5.5インチの2種?】
iPhone 5s/cの画面サイズは4インチ(対角)だが、iPhone6は4.7インチと5.5インチの2種が登場するといわれている。5.5インチに関しては「iPhone Air」という名称になると中国語ニュースサイト『China.com』が報じている。さらに、ウォールストリートジャーナルのアナリストは、この5.5インチのモデルには4.7インチよりも処理速度の速いプロセッサーが搭載されるかもしれないとも伝えている。ちなみに、一部サイトでは、すでに「iPhone6の基板」と称する画像が掲載されており、そのサイズから見てもサイズアップの可能性は大。

噂3【サファイアガラスディスプレイ搭載?】
これまでもTwitter上でAppleの様々なリーク情報を提供してきたSonny Dickson氏。同氏は7月4日、「The new Sapphire glass screen on the iPhone 6 looks great, guys. Prepare to be amazed!(iPhone6の新しいサファイアガラス画面はスゴい。乞うご期待!)」とツイートしている。噂の発端になったのは、米アップルが昨年、パートナー企業であるGTアドバンスト・テクノロジーにサファイアガラスの製造装置の開発費用を提供したこと。「サファイアガラスはiWatch用ではないか?」という見方もあるが、期待感は高まっている。高硬度のサファイアガラスが採用されれば、ディスプレイの傷を心配する必要はなくなりそうだ。

噂4【NFC機能が搭載、無接点充電も?】
7月にフランスのギーク向けサイト「Nowhereelse.fr」上に「プリント基板」と称する画像が掲載され、それによるとNFCチップが搭載されているという。NFCが搭載されれば「おサイフケータイ」機能が使えるようになるため、インパクトは大きい。また、海外ブログ『VentureBeat』は、無接点充電にも対応すると伝えている。

噂5【LTE-Advanced Cat.6対応で】
『Venture Beat』は、上記の噂とともに、iPhone6が従来より速い「LTE-Advanced Category 6」という通信規格に対応すると伝えている。同規格は、複数の周波数帯を一体的に運用することでデータ通信速度を高める「キャリアアグリゲーション」技術を含むもの。理論値ベースで受信時の最大通信速度300Mbpsと高速で、現状、国内ではauのみが対応している(※auは下り最大150Mbps)。噂が本当なら、iPhone6のパフォーマンスを最大限に生かすことができるという点で、auが一歩リードか?

日々、世界中のメディアが様々な噂を報じているが、発表が9月9日だとすれば、あと1カ月弱。昨年もiPhone5s/c発表直前まで様々な噂が出回っただけに、今後の続報に注目だ。
(山田登/考務店)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト