これでスマホの置き忘れも無くなる?

運動管理もできるスマートウォッチ

2014.11.07 FRI


カラー:ブラック/ブルー/グレイ 対応OS:iOS6/Android2.3以上(Bluetooth搭載機種) 手首周:最少160mm、最大210mm 充電時間:1時間30分 (約3日間稼働)
今注目の最新デジタルガジェットといえばスマホとリンクさせてつかうタイプの腕時計「スマートウォッチ」。各メーカーが様々なタイプのものを発表し、話題となっています。この『ZeWatch2』もそんなスマートウォッチのひとつ。主に電話の応答と、活動量の計測に役立つアイテムです。

着信があればZeWatch2が知らせてくれるので、スマホをカバンにしまっておいたため着信に気づかない、なんてことがなくなります。ディスプレイには発信者の名前、もしくは電話番号が表示されるので、大事な着信かそうでないかを時計を見るフリでさりげなく確認することができるのも、会議中や、人と会っているときなどに便利そうです。

さらに通話もそのままZeWatch2でできるので(発信は直前に着信した番号のリダイヤルのみ)、スマホを取り出すのに焦ることもなくなります。またSMSの受信通知も設定でき、さらにボイスコントロール機能を使えばSiri/Google Nowを通してスマホをコントロールすることも可能(対応端末のみ)。腕の端末だけでこれだけできると“未来のガジェット所有欲”はかなり満たされるでしょう。

また活動量計としては歩数のカウント、移動距離計測、消費カロリー計算と、基本的な機能を押さえたもの。これらは本体のディスプレイでもすぐに確認できるうえ、スマホでは日ごと、週ごとといった単位でグラフ表示されるので運動量の管理はこれでOK。また寝る前に睡眠モードにしておくと、浅い眠りの時間と、深い眠りの時間、そして中途覚醒の回数を計測する睡眠計としても使えます。

それから、なにげに便利なのがスマホから約10m離れると振動で教えてくれる「紛失防止機能」。スマホの置き忘れの多いうっかりやさんはこれで助けられることも多いはず。

活動量計機能を持ちながら防水仕様ではないため、雨の日のジョギングには持ち出せないといった点はありますが、スタイリッシュな外観とスマートウォッチの中では手軽な価格であることも大きな魅力。最先端ガジェットを気軽に使ってみたい人にとって気になる一台なのではないでしょうか?
(のび@びた)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト