スマホNEWS&TOPICS

同窓会「SNS未登録で欠席」16%

2014.12.14 SUN


同窓会に呼ばれなかったことを「SNS上で皆の写真を見て」(26歳・男性)のようにSNS上で知る悲しい人も…
年末年始の恒例行事といってもいい、同窓会。こう聞いて、「そういえばここ数年、呼ばれていない…」なんて思った人もいるのでは? 昔はハガキやメーリングリストでの出欠連絡が主流だったが、近年はLINEやFacebookが主流、という話も耳にする。SNSユーザーでないと最近の同窓会は呼ばれもしなくなっているのかもしれない。では、その真偽のほどは? 20~30代の男女224名に同窓会連絡の実態について聞いてみた(協力:ファストアスク)。

■同窓会の出欠連絡方法TOP5

(過去3年以内に開かれた同窓会が対象。複数回答)

1位 LINE(22.3%)

1位 携帯/スマホメール(22.3%)

3位 手紙(21.4%)

4位 PCメール(14.3%)

5位 Facebook(13.8%)

まず出欠連絡の手段についてたずねたところ、LINEと携帯/スマホメールが同率1位に。とはいえ、意外にも手紙率も根強く2割以上を獲得。LINEでの連絡は「友人からLINEで日程の連絡があり参加の可否を伝えた」(28歳・男性)、「幹事がLINEグループ全体宛に連絡をした」(25歳・男性)など、とくに仲の良い友人との個別メッセージ、またはグループメッセージで回ってくるようだ。

また、5位にランクインしたFacebookを選んだ人は、「幹事が作成したFacebookのイベントページに招待された」(29歳・男性)、「Facebookの同級生コミュニティに書き込みがあり、参加者を募っていた」(27歳・女性)、「グループで話が持ち上がる→日程投票→イベント作成して出欠確認」(26歳・男性)など、Facebookの特性が活用される形で連絡がくる場合が多いよう。

一方で、LINEやFacebookなどのSNSに登録していなかったため「出欠連絡が来なかった」と回答した人は16.1%にも及ぶ。連絡が来ていないことに気づいたきっかけは「風の噂で聞いた」(31歳・男性)のように、何らかのタイミングで偶然耳にした人が大半だが、その時の心境はいかに…。

「自分が知らないうちに連絡網ができあがっていることを知り、仲間外れにされたような悲しい気持ちになった」(25歳・男性)といった悲痛な声も寄せられたが、「関係の薄いコミュニティーなので興味なし」(26歳・男性)、「行きたいと思わなかったので気にならなかった」(29歳・女性)など強がる(?)声も多い。

SNS利用者は年々増えているものの、いまだに使っていない人もいる。誘われなくて寂しい…という人は、早めにSNSに登録だけでもしておいた方がいいかもしれない。

(池田園子)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト