スマホNEWS&TOPICS

2014年12月「総合」電子書籍TOP10

2015.01.16 FRI


主人公エレンが驚愕した理由は!? 衝撃の事実が明らかに!
正月休みも終わり、みなさんはスムーズに仕事モードに移行できていますか? 世の中では昨年末、どんな本が読まれていたのでしょう? 2014年12月の電子書籍ランキング「総合編」を発表します。

■2014年12月電子書籍「総合」TOP10(honto調べ、12月1~31日で集計)

1位 『進撃の巨人 attack on titan』15巻(諫山創)

2位 『舟を編む』(三浦しをん)

3位 『きょうは会社休みます。』7巻(藤村真理)

4位 『東京喰種トーキョーグール:re』1巻(石田スイ)

5位 『その女アレックス』(ピエール・ルメートル)

6位 『人生はニャンとかなる!-明日に幸福をまねく68の方法』(水野敬也)

7位 『弱虫ペダル』37巻(渡辺航)

8位 『黒子のバスケ モノクロ版』30巻(藤巻忠俊)

9位 『ONE PIECE モノクロ版』75巻(尾田栄一郎)

10位 『暁のヨナ』16巻(草凪みずほ)

1位は、今年の夏に2部作で実写映画化されるマンガ『進撃の巨人 attack on titan』の15巻。人間同士の闘争がクライマックスに突入し、“本物の王家”の存在が明らかに。しかし主人公のエレンと仲間のクリスタが中央憲兵の「対人制圧部隊」にさらわれてしまいます。さらに団長のエルヴィンも捕えられ、調査兵団は解体寸前に…。起死回生の一手は果たして!? 1巻から続いていた大きな謎が解き明かされ、物語が核心へと近づいていきますよ!

2位は、映画化され、ブルーレイ&DVDも発売中の小説『舟を編む』。出版社・玄武書房に勤める馬締光也(まじめみつや)は、営業部で変人として持て余され、辞書編集部へ異動することに。そこでは新作辞書『大渡海』が編纂されていました。個性的な編集者たちとともに、辞書の世界に魅せられていく馬締。しかし様々な問題起き…果たして『大渡海』は完成するのか!?

3位は、昨年ドラマ化されたマンガ『きょうは会社休みます。』の7巻。田之倉悠斗(たのくらゆうと)への想いが溢れ、思わず「田之倉くんと結婚したい」と言ってしまった青石花笑(あおいしはなえ)。そんな花笑の手を力強く握り、受け入れてくれたと思いきや…。花笑の恋の行方は!?

以下、4位に第2期のアニメも始まった『東京喰種トーキョーグール:re』の1巻。5位に、「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリーベスト10」など、2014年ミステリーランキングで4冠を達成したサスペンス小説『その女アレックス』など、エンタメ系の作品が多くランクインしました。

気になる作品があったら、休み時間や会社帰りに読んで、気分を盛り上げつつ、仕事に臨みましょう!

(島尻明典/verb)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト