スマホグッズ探偵団

うっかりさんに是非! 紛失防止タグ

2015.01.26 MON


サイズ:約27(W)×45(L)×11(H)mm(突起部含まず)、製品重量(本体):約10g(電池含まず)、電源供給:ボタン電池(CR2032)、有効通信距離:最大20m(使用環境により異なります)、マルチペアリング:4台まで
家のなかでスマホや財布、家の鍵など大切なものをしょっちゅう探している、外出時に荷物を忘れることが多い、といったうっかりさんはいませんか?

そんな人に持っていてほしいアイテムが、この『Bluetooth対応紛失防止タグ』。Bluetooth接続したスマホとこのタグのどちらか一方をなくしてしまったときに、一定の範囲内であれば、ボタン一つで呼び出すことができる優れものなんです。

例えば、自宅で鍵にこのタグを付けておけば、見失ってもスマホから本製品を呼び出すことができます。知らせ方は音やバイブ、光のいずれかを設定で選ぶことが可能。逆に、このタグからもスマホを呼び出すこともできるので、どちらかさえ把握しておけばOKです。タグからはタグ本体に付いた呼び出しボタン、スマホからは専用アプリ内の呼び出しボタンを押すだけ。このアイテムがあれば、出がけに鍵探しで焦ることもなくなるはずです。

任意で呼び出せるだけでなく、タグとスマホが一定以上離れたときに双方が作動しお知らせしてくれる、置き忘れ防止機能も便利です。キーホルダーとして鍵と一緒にしておけば、家にスマホを忘れてくることもなくなりますし、荷物に付けておけばうっかり置き忘れるということがなくなるはず(※)。また、万が一お知らせに気づかないまま、接続の範囲を超えてしまった場合は、アプリに接続が切れた時間と場所が表示されるので、紛失時に探し出すヒントになるんです。

さらにこのタグには3D加速度センサーが搭載されているので、置き引き防止にも役立ちます。この機能をオンにしてタグをバッグに入れておくと、大きくバッグが揺れるような振動を感知したときにはブザーでお知らせ(※)。電車やベンチでついうたた寝してしまったときなどに、置き引きを防いでくれます。

加えて、このタグはスマホカメラのシャッターをリモコンで操作することも可能。専用アプリを立ち上げスマホと接続しカメラモードをオンにすると、タグのボタンがシャッターボタンになります。自撮りや、卒業式などの記念写真を撮る際などに便利ですね。

いうまでもなく紛失、置き忘れについては、スマホとタグの双方を失くしてしまえばお手上げ。でも、どちらかは必ず身につけておくということさえ守れば、うっかり屋さんには心強いアイテムになるでしょう。

※本機能を使用するには、スマホでアプリを起動しておく必要があります

(新居賢吾/effect)『Bluetooth対応紛失防止タグ』(ラトックシステム/価格:4298円)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト