Pepperもついに! 一家に1台は当たり前?

最新!家庭用ロボット7選

2015.02.12 THU


周りを見渡すと、人間の方が少数派…。そんな時代はもうすぐそこ? 撮影/林和也
ほんの十数年前までは、まだまだ一般には縁遠い存在だった「ロボット」。しかし今では、一般家庭にロボットがいることもも、不思議ではない時代になった。

ちょうどこの2月に発売が決まり、大きな話題になっている最中のPepperをはじめ、家庭で活躍している、活躍が期待される最新ロボットを紹介しよう。

○約20万円で家族が増える!? 世界発の感情認識ロボット
Pepper[ソフトバンク]
19万8000円 ※2015年2月発売予定
表情と声から人の感情を察する「感情認識機能」を搭載した、身長120cmほどの人型パーソナルロボット。自分の判断で行動することもできるスゴいヤツだ。Pepperたちは各家庭でのプライバシーを守りながら、様々な感情を数値化したデータなどをひとつのクラウドベースで蓄積・共有し、学習能力を高めていく。また、スマホのようにアプリストアがオープン予定で、Pepper のできることはさらに拡大していくだろう。

○親子の絆を深めてくれる キュートな見守りロボット
BOCCO[ユカイ工学]
2万円前後(ロボット本体とセンサのセット)
※2015年3月発売予定
子どもの帰宅をセンサで感知し、外出中の親のスマホに通知したり、音声やテキストでのメッセージを送り合うことができる、親子間のコミュニケーションツールとして有用性の高いロボット。名称の由来は、東北弁で子どもを表す方言“ぼっこ”から。搭載機能はWi-Fiと近接無線のみとシンプルだが、手の平に乗るサイズで積み木調のレトロなビジュアルとかわいらしい首の動きは、小さな子どもも親近感が湧きやすそうだ。

○撮影から聞き役まで 多機能なシッターロボ
JIBO[ジボ]
599ドル(ホームエディション)
※現在事前予約ソールドアウト
MITの准教授が開発した、ファミリー向けロボット。Wi-Fiに接続し、家族へのメッセージ伝達、写真撮影、リマインド、子どもへの物語の読み聞かせ、会話の聞き役、テレビ電話(テレプレゼンス・アバター)の、6つの機能を兼ね備える。円形の画面部分の表情がコロコロ変わるのが特徴で、とても愛らしい。現在はまだ開発段階だが、クラウドファンディングでは登録2日目にして90万ドルの資金を獲得している。

○照明、植木鉢が自律移動!? ユニット交換式のロボット
Patin[フラワー・ロボティクス]
価格未定 ※2016年発売予定
自立移動機能を備え、上部に取り付けるサービスユニットによって使い方が無限に広がるプラットフォーム型のAI搭載自走式ロボット。「Patin」は「スケート」を意味する仏語で、“家庭用品にスケート靴を履かせたら、新しい人工物になるのでは?”という発想から開発に着手した。照明などの家電や植物を植えるプランター、補助ロボットなど既存機能を兼ね備えた様々なサービスユニットを本体上に設置すれば、人の行動を学んで自ら考える日用品が完成。サービスユニット次第で何でもできちゃいそうなロボだ。

○まるでスポーツカー!? クールで賢い芝刈り機
Automower330X
[ハスクバーナ・ゼノア]
オープン価格
農林造園機器の世界最大メーカー・ハスクバー
ナ(スウェーデン)が開発した、最新ロボット芝刈機。自動で毎日少しずつ草を刈り取ってくれるので、容易に芝生管理を行うことができる。同社の「Automower」シリーズの特徴である不規則な動きが、カーペットのような美しい芝生を実現してくれる。国体などの陸上競技大会で使用される大きな公園や大学内の敷地など、広い範囲に芝生のある場所ですでに試験運用されており、常に一定の高さに保たれた芝生を維持している。

○献立作りから持ち運びまで 「買い物ロボ」がお手伝い
買いもの支援システムロボット
[ATR 社会メディア総合研究所]
※発売未定
「買いもの支援システムロボット」は、クラウドでロボットやセンサをつなぎ、高齢者の買いものを支援する「クラウドロボティクス」の実験に使われたロボットのこと。献立の立案に買いものリストの作成、売り場での買いもの支援…と、様々なカタチでがポートしてくれる。

○言葉に反応するお利口さん わんこ型ロボット
Hello! Zoomer
[タカラトミー]
1万6200円
「こっちおいで」「お手」など人の言葉を理解し、約40種類のキュートな仕草で応えてくれる体長約30cmの仔犬型ロボ。傾きセンサ搭載で自在に体をひねって仰向けにもなれる。モチーフはダルメシアンで、模様が1万通り以上ある。

一家に1台。家庭用ロボットの普及が進み「一人暮らし」という言葉がそのうち死語になったりして…。
(verb+『R25』編集部)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト