スマホグッズ探偵団

スピーカーにもなるヘッドホン

2015.02.16 MON


『LUXA2 Lavi S』はBluetooth 3.0対応。本体はアルミと本革製。充電用USBケーブル、3.5mmオーディオケーブルが付属する
移動中に音楽や動画を楽しむために、ヘッドホンやイヤホンを持ち歩いている、という人は多いですよね。また最近は、持ち運べるコンパクトなスマホ用のスピーカーもいろいろ登場しているので、気になっている人もいることでしょう。

ヘッドホンとスピーカー、どちらも同じく音を聞くための機器なのだから、いっそひとつにまとめてしまえばいいのに…。そんなニーズに応えてか、両者をドッキングさせたアイテムが登場。この『LUXA2 Lavi S』は、Bluetooth接続に対応したワイヤレスヘッドホンでありながら、ハウジング部分に外部用スピーカーも内蔵、スイッチひとつでヘッドホンとスピーカーを切り替えられるというもの。

スタイリッシュなデザインの本体にはバッテリを内蔵しており、2時間の充電でヘッドホンとしての使用であれば30時間、スピーカーとしてであれば3時間の連続再生が可能。マイクも内蔵しているので、音声通話時にはヘッドセットとして着用したまま会話もできます。

ちなみに、ヘッドホンとスピーカーの切り替えは、ハウジング部のスライドスイッチで行います。ヘッドホンモードか、スピーカーモードなのかがひと目確認できるため、電車内などでうっかり音楽を大音量で再生してしまい、恥ずかしい思いをするようなことも避けられます。

コンパクトに折りたたんで持ち運べたり、ステレオミニジャックでのアナログ接続にも対応していたりと、細かな使い勝手にもこだわっているのはうれしいですね。

ヘッドホンとスピーカーのドッキングという、コロンブスの卵的発想で生まれたこのアイデア商品、「こんなアイテムを待っていた」という人は多いかもしれませんね。

(青山祐輔)『LUXA2 Lavi S』(Thermaltake/価格:オープン)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト