欲しいのは「ロボット」より「太らない薬」! TOP10は…

実現が待ち遠しい未来技術1位は?

2015.03.06 FRI

世論調査


大きな地震が起こる前に、少しでも早く、正確な情報を得ることができたら… 画像提供:Flatpit/Imasia(イメージア)
3Dプリンターで臓器などの人体組織を作成し、移植する再生医療の研究が国内でも進んでいる。医療だけでなく、宇宙、ナノテクなど多くの分野で、日進月歩している様々な技術。ひと昔前までは“夢のまた夢”だったことが実現する日も遠くないかもしれない。そこで、現在、研究が進められている近未来技術のなかで、一日も早く実用化してほしいものを20~30代の社会人200人(男女各200人)に調査し、ランキングを作成した。

●一日も早く実用化してほしい近未来技術TOP10
(1~3位まで回答。1位は3pt、2位は2pt、3位は1ptとし集計。協力/アイ・リサーチ)

1位 地震予知 241pt
2位 食べても太らない薬 160pt
3位 放射性廃棄物の無害化 146pt
4位 若返りの薬 109pt
5位 リアルタイム自動音声翻訳 106pt
6位 宇宙太陽光発電 86pt
7位 3Dプリンターでの人体移植パーツ作成 75pt
8位 家庭用ロボット(家事ロボット) 66pt
9位 月や火星への移住 57pt
10位 核融合エネルギー 55pt

もうすぐ東日本大震災から丸4年。防災意識の高まりもあるのか、地震や放射性廃棄物に関する技術が多数の票を集めた。それ以外では、「太らない」「若返る」など、人間の生活に根差した欲望を反映した技術が上位に入っているのも面白い。それぞれの技術に期待する声は以下の通り。

【1位 地震予知】
「地震大国に住んでいるので、常に頭のどこかで不安があるから」(33歳、女性)
「他の技術よりも一層、人命を重視することだから」(38歳、男性)
「日本は地震が多い国なので予知が出来れば、対策が出来るのではと思うから。大きな地震では津波も起きる事が想定できるはずなので、沿岸部に住んでいる住民をいち早く避難させるなど対処してほしい。沿岸部に住んでいるので、切実です」(25歳、女性)
「今もあることにはあるが、全く当たらず予知とは程遠いので。完璧に予知が出来れば準備が出来るので」(20歳、女性)

【2位 食べても太らない薬】
「食べても太らないというのが、女性の永遠の願いだと思うので」(31歳、女性)
「好きなだけ食べられると幸せを感じることが多く、でも太るのが嫌なのでもしあればダイエットで苦しまなくて済むので」(35歳、女性)
「三大成人病を大幅に減らせる」(39歳、男性)
「いつもダイエットに失敗するから。油断するとすぐリバウンドするから」(32歳、女性)

【3位 放射性廃棄物の無害化】
「原子力発電が経済成長に欠かせない以上、この技術の実用化も不可欠」(24歳、女性)
「原子力発電の課題が解決されて、使い易くなるから」(37歳、男性)
「地球環境におけるダメージが深刻だから」(27歳、女性)

【4位 若返りの薬】
「白髪や顔のたるみ、シワ、肌のハリがなくなってきたので若返りの薬が開発されたら是非試してみたい」(38歳、女性)
「何時までも若くありたい」(35歳、男性)
「死ななくていいから」(38歳、男性)

【5位 リアルタイム自動音声翻訳】
「これがあれば世界への視野が広がるとおもうから」(32歳、女性)
「語学の勉強に割く時間と労力が軽減されるから」(34歳、女性)
「外国人との交流が増える中話が通じないとストレス」(31歳、女性)

そのほか、6位以下に寄せられたコメントも1つずつ紹介するとご覧の通り。

【6位 宇宙太陽光発電】
「特に日本はエネルギーを輸入に頼っているので独自に開発すれば基幹産業になり得る」(37歳、男性)

【7位 3Dプリンターでの人体移植パーツ作成】
「医療費かけて治療するより、新しいものに変えた方が医療費かからないから」(38歳、女性)

【8位 家庭用ロボット(家事ロボット)】
「とにかく家事が面倒だから。少々高額でも買いたい」(30歳、男性)

【9位 月や火星への移住】
「地球が破滅するから」(37歳、男性)

【10位 核融合エネルギー】
「エネルギー争奪戦を即座に終結させることができるため」(26歳、男性)

なお、少数派ながら11位以下に挙がった技術には、【11位 海底都市の建設】【12位 (透明になれる)光学迷彩マント】…などもあった。

月や火星に移住したり、外国人とスムーズに会話ができたり、自家用ロボットが当たり前になったり…。幼い頃、夢物語でしかなかった生活が、そう遠くないところまで来ているのかも…。僕らが生きているうちに実用化されるよう、技術の進化に期待したい。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト