スマホNEWS&TOPICS

ネット予約、実際の利用頻度は…

2015.03.22 SUN


映画や新幹線、宿においては、ネット予約をしない理由として「クレジットカード決済をしたくない」という意見も。個人情報保護に敏感な今の時代、会員登録などが必要なネット予約サービスにはなかなか手が伸びないという人もいるみたい 画像提供:phs/Imasia(イメージア)
パソコン上やスマホのアプリから気軽に予約ができるネット予約サービス。飲食店や美容院はもちろん、最近ではタクシーもスマホアプリから簡単に予約が可能になってきている。様々な分野に広がりつつあるネット予約サービスだが、実際はどれくらいの人が利用しているのだろう? 用途によってネット予約の利用者数に差があるのかどうかを確かめるべく、アンケート調査を行った。(対象:21~39歳の男女200人、協力:アイ・リサーチ)

まずは、もっともネット予約が浸透していそうな「飲食店」と「美容院」について、利用頻度を聞いてみた。結果は次の通り。

□飲食店のネット予約

毎回使う 3.5%

よく使う 10.0%

たまに使う 28.0%

使わず別の方法で予約 22.5%

予約をしない 36.0%

 

□美容院のネット予約

毎回使う 13.0%

よく使う 7.0%

たまに使う 6.0%

使わず別の方法で予約 32.0%

予約をしない 42.0%

意外にも、両方とも「使わない」「予約しない」が半数以上。飲食店では「毎回」「よく使う」「たまに使う」を合わせた「使う」派が4割程度にとどまった。「待たずに済む」(毎回/男性・36歳)、「いっぱいで入れないときがあるから」(毎回/男性・28歳)などの混雑を避けたい人はもちろん、「空いている日がすぐにわかるし、電話と違って時間を気にしなくて良い」(よく使う/女性・29歳)のように、時間を選ばず自分のタイミングで予約したい人が活用しているようだ。「使わない」理由としては、「利用するお店が電話でしか予約できない」(女性・36歳)など、、ネット予約に対応してないお店もまだまだある様子。

美容院では「使う」は合計26%。ただし男女別に見てみると、「毎回」は男性6%、女性20%。「予約をしない」は男性55.0%、女性29.0%と、圧倒的に男性の利用頻度が低いことがわかった。ちなみに利用する理由のほとんどは「ポイントがつくから」(毎回/女性・30歳)。しかし「当日は予約できない」(たまに使う/男性・39歳)のように、急に予約ができないのが難点のようだ。

その他、利用者が多かったのは「旅行の宿」。

□旅行の宿のネット予約

毎回使う 37.0%

よく使う 16.0%

たまに使う 21.0%

使わず別の方法で予約 9.5%

予約をしない 16.5%

「毎回」がもっとも多く、「使う」全体では74%にも達した。利用する理由としては「ポイントが付く」(男性・28歳)、「ネット予約の割引があるから」(女性・33歳)、「後で予約内容を確認しやすい」(女性・38歳)、「比較しながら予約できる」(女性・28歳)といったメリットを挙げる声が寄せられた。

一方、「新幹線」「映画館」「タクシー」では利用者が非常に低い割合に。

□映画館のネット予約

毎回使う 8.5%

よく使う 5.5%

たまに使う 13.0%

使わず別の方法で予約 6.5%

予約をしない 66.5%

 

□新幹線のネット予約

毎回使う 11.0%

よく使う 4.0%

たまに使う 10.0%

使わず別の方法で予約 22.5%

予約をしない 52.5%

 

□タクシーのネット予約

毎回 0.5%

よく使う 1.5%

たまに使う 0.5%

使わず別の方法で予約 21.5%

予約をしない 76.0%

そもそも「映画館に行かない」「新幹線に乗らない」「タクシーを使わない」という人の多さが「予約しない」の割合を高めているものの、飲食店や旅行に比べるとネット予約はあまり浸透していない様子。特に、タクシーにおいてはネット予約利用者はわずか2.5%。サービスが始まって日が浅いこともあってか、「ネット予約できることを知らなかった」(使わない/女性・30歳)のように存在自体があまり知られていないようだ。

ちなみに、各項目の「使わず別の方法で予約」で挙げられた意見は、ほとんどが「電話のほうが早い・確実」というもの。とはいえ、ネット予約サービスは日々進化中。さらに認知度が高まれば、利用者数も電話に匹敵するくらい増加するかも?

(有栖川匠)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト