スマホNEWS&TOPICS

電子書籍TOP10、コミック勢がほぼ独占!

2015.04.12 SUN


四方蓮示とふたりで喫茶店「:re」を営んでいる霧嶋董香は…
春到来! 暖かい日が続くと気分も上向きになりますよね。みなさんはこの春、どんな本を読んでいるのでしょう? 2015年3月の電子書籍ランキング「総合編」を発表します。

■2015年3月電子書籍「総合」TOP10(honto調べ、3月1~31日で集計)

1位 『東京喰種トーキョーグール:re』2巻(石田スイ)

2位 『七つの大罪』13巻(鈴木央)

3位 『暗殺教室』13巻(松井優征)

4位 『魔法使いの嫁』3巻(ヤマザキコレ)

5位 『ハイキュー!!』15巻(古舘春一)

6位 『暁のヨナ』17巻(草凪みずほ)

7位 『アオハライド』12巻(咲坂伊緒)

8位 『ウイルスファクトリー SE神谷翔のサイバー事件簿 番外編』(七瀬晶)

9位 『L・DK』17巻(渡辺あゆ)

10位 『ワールドトリガー』10巻(葦原大介)

1位は、『東京喰種トーキョーグール:re』の2巻。喰種(グール)を駆逐・研究する「CCG」が新設した実験体集団「クインクス」。その指導者・佐々木琲世は過去の記憶を失っており、瓜江、不知、六月、米林ら「クインクス」のメンバーは、それぞれに複雑な思いを抱いています。そんななか、琲世はふと引き寄せられた喫茶店で“懐かしい香り”と出会い…。『東京喰種トーキョーグール』のキャラクターがたくさん再登場して、物語が加速し始めます!

2位は、『七つの大罪』の13巻。聖騎士長ヘンドリクセンが邪神と化し、その猛威の前に「七つの大罪」たちは次々と崩れ落ちます。頼みの団長・メリオダスも倒れ、万策尽きたかに思われたその時、一匹の影が雄々しく立ち…! 王国一大決戦に終止符が打たれ、ついに第1部が完結!

3位は、TVアニメ化と実写映画化で注目度が急上昇中の『暗殺教室』13巻。最強の殺し屋“死神”との戦いが完結し、3年E組で進路相談が行われることに。そこで潮田渚は「自分は殺し屋になるべきなのか」を殺せんせーに打ち明け…。渚の母親が登場し、彼の家庭事情が描かれますよ。巻末からは「文化祭編」もスタート!

以下、4位に少女チセと魔法使いエリアスを描いた魔法ファンタジー『魔法使いの嫁』の3巻、5位に青春バレーマンガ『ハイキュー!!』15巻、6位に古代アジアをモチーフにしたファンタジー作品『暁のヨナ』17巻と続きました。

8位の小説『ウイルスファクトリー SE神谷翔のサイバー事件簿 番外編』以外はすべてコミックスがランクイン! 読んで面白かったら、その場で次の巻を買えるのが電子書籍のいいところですよね。気になる作品があったら、ダウンロードしてみては?

(島尻明典/verb)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト