スマホグッズ探偵団

バッテリー搭載の二刀流ルーター

2015.04.13 MON


サイズ:約73×70×23mm(L×W×H)、重量:約149g (本体のみ)、電波範囲:50m(見通し)※使用環境により異なります
今や、ほとんどのホテルで有線のLAN回線が用意されています。しかし、スマホやタブレットにはケーブルの差込口がないため、せっかくのサービスを使うことができません。そんなときに役立つのが、LAN ケーブルに差し込むだけでWi-Fi環境を簡単に構築してくれる、ポケットルーターです。

もはや、ポケットルーターはそれほど目新しいスマホ関連グッズではありませんが、今回ご紹介するアイテムは、ポケットルーターにモバイルバッテリーが搭載されている、二刀流アイテムなんです。

『バッテリー搭載ポケットルーター』は、バッテリー容量は5200mAhで、iPhone約2台分の充電が可能。バッテリー消費が激しいYouTubeなどの動画も充電しながらなら、バッテリー残量を気にすることなく長時間にわたり鑑賞することができるというわけ。

Wi-Fi設定の際は専用アプリ「WiConnect」をダウンロードし製品本体のQRコードを読みとれば、あとは指示にしたがうだけ。Wi-Fi 設定が面倒、難しいと思う人には嬉しいですね。

また、このポケットルーターは、Wi-Fiカードリーダー機能も搭載しており、ファイル管理用の専用アプリをダウンロードすれば、接続したmicroSD やUSB メモリ内のデータの読み書きが簡単にできます。さらに、最大5台の端末からWi-Fi接続が可能なので、複数の端末でデータ共有ができるWi-Fiストレージとしても利用が可能。

一台で何役もこなすこの『バッテリー搭載ポケットルーター』があれば、荷物を減らしつつも旅行先のスマホ環境を快適にできそうです。

(新居賢吾/effect)『バッテリー搭載ポケットルーター』(ラトックシステム/価格:7980円)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト