スマホNEWS&TOPICS

“言葉にしづらいこと”を伝える最新スマホサービス3選

2015.04.19 SUN


NTT ドコモの「つながりほっとサポート」は無料で使用できる。サービス紹介動画には同サービスの担当部長も出演しているとか ※この画像はサイトのスクリーンショットです
現代は、「つながる」時代――。SNSのおかげで、毎日接している家族や同僚、友人だけでなく、学生時代の同級生や一度も会ったことがない人とも、気軽にやりとりできるようになっている。ただ一方で、言葉にしにくいものやSNS非利用者とのコミュニケーションなど、SNSだけでは“伝えられない”ことがあるのも事実。そんなSNSの“弱点”を補ってくれるサービスが最近続々と登場している。

たとえば、アマネファクトリーがリリースしているスマホアプリ「コウノトリ」。女性が生理日を入力しておくと、それだけで妊娠しやすい排卵日をプッシュ通知で知らせてくれるアプリだ。さらに、事前に登録しておくことで排卵日をパートナーの男性にも通知できる。女性からは言い出しにくいことをアプリがかわりに男性に伝えてくれる、妊活カップルにはピッタリのサービスなのだ。

また、米国企業Sproutlingがリリースした「Sproutling Baby Monitor」は、赤ちゃんの様子をモニターしてスマホに通知してくれるサービスだ。赤ちゃんの足首にセンサ搭載バンドを取り付けておけば、赤ちゃんの心拍や体温、動きをリアルタイムに把握。発熱や心拍数の増加などの体調異変から、寝ているのか起きているのか、寝返りを打ったかどうかまで逐一通知される。乳幼児を抱える夫婦にはかなり役に立ちそうだ。

さらに、忙しくて時間がないけれど、両親の様子が気になる…という人にオススメのサービスも。それが、携帯電話やスマホの使用状況から、離れている人が元気に暮らしているかがわかるNTT ドコモの「つながりほっとサポート」。歩いた歩数や画面ロック解除・電池残量などの携帯の使用状況、その日の体調情報などを事前に登録した“つながりメンバー”に自動で送信してくれる。たとえば普段は離れて暮らす両親と“つながりメンバー”になっておけば、元気な様子が携帯電話を通じて手に取るようにわかるというわけだ。

対応機種は、両親世代には使いやすいと評判のらくらくスマートフォンに加えて、フィーチャーフォン版(らくらくホン ベーシック3、らくらくホン ベーシック4)もあり。月額使用料も無料だ。

“つながり”の大切さが強く語られる時代だからこそ、大切な人にしっかりと伝えることを大事にしたい。大事なパートナーや家族はもちろん、5月の「母の日」、6月の「父の日」も見据えて、こうした“伝える”サービスへの加入をプレゼントしてみるものいいかもしれない。

(鼠入昌史/Office Ti+)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト