スマホグッズ探偵団

充電ケーブルとキーホルダーが合体

2015.04.20 MON


キーホルダーのサイズは、高さ64×幅32×厚み18mm。対応機種はiPhone5~6、iPhone 6 Plus、iPad(4th)、iPad Air、iPad mini
ゲームや動画視聴などをしていると、あっという間になくなってしまうスマホのバッテリー。電池切れで大事なメールや電話ができなくなり、焦った経験を持つ人は少なくないでしょう。

今では、「スマホの電池がもたない問題」は周知されているので、モバイルバッテリーを持ち歩く人も増えていると思いますが、やってしまいがちな失敗がケーブル忘れです。いざ充電しようと思って、ケーブルがなかったときの絶望感は筆舌に尽くしがたい、といったら少しオーバーでしょうか。

そんな悲劇に見舞われないためのアイテムがiPhone用のLightningケーブル『ケーブルを持ち歩く、新しいカタチ。』。まるでキャッチコピーのようですが、これ、商品名です。どこが新しいのかと言えば、キーホルダーとLightningケーブルを合体させたところ。外出時にまず忘れることがない鍵と一緒に持ち歩くことで、ケーブル忘れを防ぐという発想です。

キーホルダー部分の表裏には、Lightningケーブルをはめ込んで収納する溝が彫られており、必要に応じてLightningケーブルを取り外して使用。コネクター部分はしっかりと収納されるので、キーホルダーを落としても傷がついたりしません。

Appleが認めたMFi認証(Made For iPhoneの頭文字)を取得しているので、iOSのバージョンが上がっても充電や同期に不具合が出ないのも安心です。

カラーラインナップは、ブラック、ホワイト、レッド、ピンク、ブルー、グリーンの6色があり、好みに合ったもの選べたり、服装やカバンに合わせやすかったりするのもポイント。原色系の鮮やかな色合いで、雑貨としても可愛らしい雰囲気です。

バッテリーの充電だけでなく、PCとiPhoneを接続しての同期なども可能。忘れたときのお守り需要としてだけでなく、コンパクトなケーブルとして普段からなにかと重宝しそうなアイテムです。

(コージー林田)

『ケーブルを持ち歩く、新しいカタチ。』(MSソリューションズ/価格:2280円)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト