スマホNEWS&TOPICS

公式よりも快適!?非公式フェイスブックアプリ

2015.04.27 MON


公式よりアプリのデータ容量がコンパクトで、軽快に動作する点が特徴の「FastLite For Facebook」
ツイッターと並び、ネット上での情報収集やお付き合いに欠かせないツールとなっているフェイスブック。最近では、パソコンよりもスマートフォンやタブレット端末から利用している人もかなり増えているだろう。

そこで気になるのが、フェイスブックを利用するためのクライアントアプリ。ツイッターの場合は、「ついっぷる」や「twicca」など公式以外のクライアントアプリが多数普及しているが、フェイスブックに関しては公式アプリを利用している人が圧倒的に多いはず。公式だけに使い勝手には問題がないのだが、アプリのサイズが大きい、頻繁にアップデートされる、メモリを大量に使うなど、気になる点が多いのは事実。特にメモリの大量消費は、バッテリの持ち時間にも影響を与えるため、不満を覚える人もいるのではないだろうか?

そんな場合にチェックしてほしいのが、公式以外のフェイスブッククライアントアプリ。ツイッターのように数多くはないが、探してみると公式よりもメモリ消費が少なく軽快であることを謳ったものや、公式にはない機能を備えたものを見つけることができる。

公式アプリになるべく近い感覚で利用できるものを選びたいのであれば、「FastLite For Facebook」(Android対応)を試してみよう。名前の通り、公式に比べ軽快な動作が特徴のフェイスブッククライアントアプリだ。タイムラインの表示形式をはじめ、インターフェースは公式とほぼ同様なので、戸惑うことなく操作できる点が魅力。また、公式アプリでは専用アプリ「Messenger」が必要だが、こちらは「FastLite For Facebook」だけでメッセージがやり取りできる点もうれしい。広告表示があるほか、写真の新規投稿ができないといった不具合も若干あるようだが、より軽快な操作感を求めているなら、これが本命かもしれない。

インターフェースが公式に近いという点では「Fast for Facebook」(Android対応)もオススメ。公式と同様のインターフェースのほか、フォロワーの投稿をリスト形式でチェックできる独自のタイムライン画面も用意されている点が特徴だ。こちらの画面でも「いいね!」やコメント投稿ができるので、サクサクとお付き合いをこなしたい人は重宝することだろう。

一方、ひとつのアプリでフェイスブックやツイッターを同時にチェックできるSNSクライアントアプリも、チェックしておきたい。たとえば「Twitterのプルーム」(Android対応)を使えば、ツイッターと同様の感覚でフェイスブックのタイムラインがチェックできる。友人やフォローしているファンページの管理をきちんとしたいなら、タブ切り替えですぐに管理画面を呼び出せる「Seesmic」(Android対応)もオススメ。iOSの場合は「Hootsuite」(Android版有り)を使ってもいいだろう。

と、ここまで書いておきながら最後にコロンブスの卵的な“裏技”を紹介。単に公式アプリを使わずにフェイスブックを利用したいだけなら、ブラウザアプリからアクセスするのが、もっとシンプルな解決策だ。モバイル端末向けのページも用意されているので、画面サイズが小さな端末でもストレスなく利用できる。ブックマークをホーム画面に配置しておけば、アプリ感覚で利用できるだろう。

公式アプリも日々進化しており、最近の機種なら大きな不満はないと思うが、別の手段を覚えておいても損はないはず。より快適にフェイスブックを利用したいなら、一通り試して自分にあったものを選んでみよう。

(顔本敏郎)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト