スマホNEWS&TOPICS

最新Xperia、高機能とコンパクトどっちを選ぶ?

2015.05.20 WED


「Xperia Z4 SO-03G」2015年6月中旬発売予定。 サイズ:高さ約146×幅72×厚さ6.9mm、質量:約144g、ディスプレイ:約5.2インチ、バッテリー容量:2930mAh、カメラ有効画素数:約2070万画素
NTTドコモは5月13日、ソニーモバイル製のスマートフォン「Xperia Z4 SO-03G」「Xperia A4 SO-04G」の2機種を発表した。

「Xperia Z4 SO-03G」は、先月ソニーモバイルから発表された「Xperia Z4」のドコモ版で、これまでのZシリーズに連なるハイエンドモデル。デザインもZシリーズならではのオムニバランスデザインを踏襲しているが、「Xperia Z3 SO-01G」と比べて厚さが7.3mmから6.9mmに、質量が152gから144gにと、薄型軽量化されている。

最大の進化はCPUで、「Xperia Z3 SO-01G」が2.5GHzクアッドコアを搭載していたのに対し、「Xperia Z4 SO-03G」は2.0GHzクアッドコア+1.5GHzクアッドコアの「オクタコア」(CPUコアが8つ)を搭載。これにより、カメラの起動やアプリの立ち上がりがさらに速くなり、文字入力の反応や動作もよりスムーズに。また次世代LTE「PREMIUM 4G」(受信時最大225Mbps、送信時最大50Mbps)に対応したことでダウンロードも高速になり、あらゆるウェブコンテンツをストレスなく、より快適に楽しめるようになった。実質販売価格は5万円台半ばで、MNP(携帯電話・PHS番号ポータビリティ)を利用して他社から変更した場合は2万円程度となる見込みだ。

一方の「Xperia A4 SO-04G」は、「Xperia Z4 SO-03G」をひと回り小さくしたコンパクトなスマートフォンで、2014年冬モデルの「Xperia Z3 Compact SO-02G」をベースにしている。デザインは丸みのあるラウンドフォルムで、背面もマットな質感なので、片手にしっくりとよく馴染む。

CPUは2.5GHzクアッドコアを搭載し、「PREMIUM 4G」には非対応。カメラは約2070万画素の高解像度カメラを搭載し、サウンドもハイレゾ相当の「DSEE HX」に対応している。実質販売価格は新規・機種変更ともに3万円台半ばの見込み。

発売は両機種とも6月中旬の予定。最先端の性能を持つ「Xperia Z4 SO-03G」と、手に馴染むデザインの「Xperia A4 SO-04G」。実際に店頭で試してみてはいかがだろう?

(島尻明典/verb)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト