ネット界の“旬”なニュースをお届け!

女性バイアグラ「まるで媚薬」の声

2015.06.10 WED

噂のネット事件簿


女性版バイアグラと呼ばれるフリバンセリンを製造する権利を持つ、アメリカのスプラウト・ファーマシューティカルズ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
男性のED(勃起不全)治療薬として知られる「バイアグラ」だが、その女性版と呼ばれる薬が、アメリカで販売されることになるかもしれない。

「女性版バイアグラ」と呼ばれているのは、アメリカのスプラウト・ファーマシューティカルズが製造の権利を持つ「フリバンセリン」という薬剤だ。女性の性欲向上に効果があるとして、アメリカ食品医薬品局(FDA)の諮問委員会が、市販するための承認を求めている。

ED治療薬であるバイアグラは、勃起不全を治す効果はあるが、男性の性欲そのものを増進させるものではない。一方、フリバンセリンは女性の「性欲減退障害」を改善するものであり、つまり性欲を高める効果があるのだ。

「女性版バイアグラ」と呼ばれながらも、その効果はバイアグラとはかなり異なるフリバンセリン。ツイッターでは、

「女性用バイアグラっていうかこれ媚薬やんけ」
「ジャンル的には私の中で言うところの媚薬に近いようだった。そして一気に怪しさが増した」
「めっちゃ悪用されそう。 飲み物に盛られたりとか…」
「女性用バイアグラって購入者ほぼ男性になるんじゃない?」

などと、性欲減退障害の改善という本来の目的ではなく、男性が女性に飲ませる媚薬として悪用される可能性を指摘する声が多く寄せられている。

また、吐き気やめまい、眠気などの副作用が出ることもあるとのことで、ほかのリスクも考えられる。

本来は、熟年夫婦のセックスレス改善などに活用されるための薬。市販されるようになった際には、悪用されないように厳格なルールを定める必要がありそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト