スマホNEWS&TOPICS

iOS9新機能「日本未対応」ばかり

2015.06.11 THU


秋にリリース予定のiOS 9。iPadではマルチタスク機能などが搭載される ※この画像はサイトのスクリーンショットです
アップルは現地時間の6月8日、アメリカ・サンフランシスコで開催した開発者向けカンファレンス「WWDC2015」で、iOSデバイス向けの新OS「iOS 9」を発表した。

2015年秋にリリースされる予定のiOS 9では、音声認識ガイダンスの「Siri」の正確さや反応速度が向上。さらに、ユーザーの利用パターンを学習し、次の行動を予測する「Proactive Assistant」という機能が搭載される。

また、プリインストールされている地図アプリ「Maps」では、アメリカ、ドイツ、イギリスなどの主要都市と、中国の300以上の都市での乗換案内が可能になる。加えて、アップルとしては初となる公式ニュースアプリ「News」をアメリカ、イギリス、オーストラリアで提供することも発表された。

ただし、今回発表されたiOS 9の新機能は、「Maps」の乗換案内や「News」については日本での対応は未定だという。また、現在アメリカ国内で対応しているアップルの決済サービス「Apple Pay」は7月からイギリスでも展開されるが、こちらも日本での対応は未定。とにかく、日本では使用できるかどうかが分からない新機能が多いのだ。

そんなiOS 9に日本のツイッターユーザーは、

「なんか日本での対応は未定ばっかやな。相変わらず」

「あまり惹かれんなー。SiriもSpotlightも使わんし、『日本は非対応』が多いし」

「日本国内での使用にマッチした追加項目はどれ?」

などと、不満を抱いている様子。

日本未対応のサービスが多いため、日本のユーザーにとっては結果的に「小規模なアップデート」という印象が強いiOS 9。もちろん「日本未対応」というのは現時点での話であり、秋の正式リリースまでに対応している可能性もあるが、ひとまず日本のユーザーにとっては物足りない発表となってしまったようだ。

【関連リンク】

■Apple ‐ iOS 9

http://www.apple.com/ios/ios9-preview/

■「iOS 9 日本」での検索結果 - Yahoo!検索(リアルタイム)

http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=iOS+9+%E6%97%A5%E6%9C%AC

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト