スマホNEWS&TOPICS

iOS対応した「iチャネル」その実力は?

2015.06.14 SUN


ドコモユーザーなら懐かしさすらおぼえる「iチャネル」のメイン画面。動作の軽快さは他のサービスにはない魅力かも!? ※画像はスクリーンショットです
ドコモのフィーチャーフォンを利用していた人なら、一度は使ってみたことがあるであろう「iチャネル」。最新ニュースや天気予報、今日の占いをはじめ、オンオフ問わず毎日の暮らしに役立つ情報を提供する、有料の情報配信サービスだ。しかし、スマホ時代となってからは同種の無料サービスが登場したことに加え、iチャネル自体のスマホ対応(Wi-Fi接続でも情報更新ができるなど)が遅れたこともあり、いつの間にか利用をやめてしまったという人も多いのではないだろうか。

とはいえ、実は今でもiチャネルは立派に現役のサービス。4月下旬からiOSにも対応したほか、docomo IDを取得すればドコモ以外のキャリアからでも利用できるようになっている。はたして、スマホから利用する「iチャネル」はどうなのか? 久々に使ってみた。

スマホからiチャネルを利用するためには、専用アプリ(Android版/iOS版)が必要となる。アプリを起動し、まず感じたのはインターフェースが良くも悪くもフィーチャーフォン時代からほとんど変わっていないこと。フィーチャーフォンからの利用も考慮してのことだろうが、スマホ向けアプリの画面に比べ文字が小さめなのが気になるところだ。しかし、シンプルな画面構成の使い勝手は決して悪いものではなく、凝ったデザインのサイトに比べ通信量が少ないためか、明らかにサクサクと表示されるのは気持ちがよかった。

天気やニュースなど、主要チャネルの情報量はさすが伝統のなせる業といったところ。特に天気に関しては週間、24時間、10分間単位の予報がチェックできるほか、解説動画や全国に配置されたLiveカメラの映像も観ることができる。占いのチャネルでは、星占いのほかタロット占いが利用できるのも、ユニークな特徴といえるだろう。

このように主要チャネルで入手できる情報の丁寧さが、iチャネルの大きな魅力だが、さらに自分でチャネルを追加できるのも利点。芸能情報や家庭の医学など、ほとんどのチャネルが無料で追加できることを考えれば、iチャネル全体が有料サービスとなっているのも、さほど気にはならない。複数のアプリやサービスを切り替える必要がないぶん、情報入手の効率はよいと思うので、情報を手軽にまとめて入手できる軽快なサービスを探している人にはオススメではないだろうか。

個人的には、Android端末で利用できるウィジェットがシンプルすぎることが残念だった。4×2のウィジェットしか用意されていないため、ウィジェット内に表示される情報量が少ない。天気とニュース、というように複数の情報が表示されるようになれば、もっと便利に活用できるだろう。

ドコモのAndroidユーザーの場合は月額152円。iOSやその他のキャリアでは30日間240円で利用できる。1週間のおためしサービス期間が用意されているので、まずは無料サービス期間分、試してみては?

(石井チャネ郎)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト