スマホNEWS&TOPICS

今、ご利益のある待ち受けは?

2015.06.18 THU


勝負運にご利益がある新大久保の「皆中稲荷神社」。寺社仏閣では、聖域とされている「本殿」の撮影は控えよう
学生時代などに耳にした様々な“ジンクス”。かつてはフィーチャーフォンの待受画面を○○にすると運気がUPするといったものがあった。このジンクス、実はスマホになった今でも存在している模様。例えば、「美輪明宏は幸運が訪れる」「明治神宮の清正井(きよまさのいど)は恋人ができる」など、様々なバリエーションが存在しているようだ。

とはいえ、さすがに美輪明宏や清正井は、いかにも“それっぽい”から人に見られたら恥ずかしい…という人も多いはず。そこで、開運アドバイザーとしてTVや雑誌でも活躍する内川あ也さんに、ぱっと見ではジンクスだとはわからない、運気別のオススメ開運待受画像を聞いた。

■恋愛運

風水では身近に花があると恋愛の神様から応援されやすいとされているそう。恋愛運UPには、特に暖色系の花の画像がオススメだとか。

「東京都調布市にある『神代植物公園』は季節の美しい花々が通年楽しめるので、ぜひ花の写真を撮ってきましょう。ポイントは、新たな出会いを求める人は『赤』の花を、恋人未満の相手がいる人は『ピンク』の花を選ぶこと。また、バラの場合は運気を下げるトゲが写らないよう、撮り方に気をつけて」(内川さん・以下同)

■結婚運

家内安全で幸せな結婚をしたい人は、羊の画像がイチオシ。おだやかな羊は平和の象徴であり、常に群れで行動することから、繁栄運に恵まれる意味も。

「今年の干支ということもあり、愛知県名古屋市の『羊神社』にある羊の像はパワー抜群です。関東圏だと、埼玉県秩父市の『羊山公園』もオススメ。牧場の羊を2頭一緒に写してください。結婚運を上げるには、必ずペアであることが大事です」

■仕事運

今年は徳川家康の没後400周年の節目。天下統一を果たした家康の出世パワーにあやかり、家康を祀る静岡県静岡市の「久能山東照宮」に注目。

「境内に続く長い階段は、全部で1159段。この形が天に昇る龍に似ていることから、出世運や上昇運にご利益があるとされています。頂上から駿河湾を見下ろす景色は素晴らしく、まさに天下をとった気持ちになれるはず。ぜひ自力で登りきり、絶景をカメラにおさめてください」

■金運

東京都新宿区、新大久保駅近くにある「皆中稲荷神社」は、ギャンブル運を上げるパワースポット。神社の入り口にある社名碑と鳥居をセットで撮影すべし。

「徳川幕府が鉄砲組百人隊を駐屯させた場所で、この神社にお参りした鉄砲兵は射撃で百発百中だったことから、『皆中=みなあたる』神社として有名になりました。宝くじで一攫千金を狙う人にはもちろん、勝負を控えたアスリートにも大人気。人通りが多いので、撮影時は他の人が写らないよう配慮しましょう」

■健康運

今年は気の流れが「木」であることから、観葉植物に運気UPのパワーが秘められているとか。

「特にオススメなのが“幸せを招く妖精が宿る”とされ、ラッキーアイテムとしても知られるガジュマルの樹。生命力にあふれ、健康運UPにはぴったりです。丸みを帯びた葉には心を落ち着かせる作用もあるので、待ち受けにして眺めるのは理にかなっているでしょう」

ちなみに、パワースポットで開運画像を撮影する際はマナーにも注意が必要。神社であれば、お目当ての景色を撮る前に、必ず本殿の参拝を済ませておこう。

毎日目にすることで、願いを叶えるパワーもUPすること間違いなし!? さっそく開運待ち受けをゲットしてみる?

(池田香織/verb)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト