スマホNEWS&TOPICS

PC、電子マネーetc.「ITふるさと納税」6選

2015.07.30 THU


ビジネスマンの節税対策にもなりそうな「ふるさと納税」。「食材だと食べ切れないし…」という人は、IT関連の特典がつく地域を探してみては? 画像提供:すってぃ/PIXTA(ピクスタ)
任意の自治体に寄付すると、自治体から様々な特典がもらえる「ふるさと納税」制度。4月からは5つの自治体までなら確定申告の必要性がなくなるなど、会社員でもより参加しやすくなったことで、再び注目を集めている。そんな “特典”の中身だが、これまでは地元の特産品、とくに食べ物のイメージが強かった。

しかし今年3月、石川県加賀市で、寄付金額の50%にあたる「DMMマネー」がもらえると話題に。現在は終了してしまったものの、予想以上の反響を呼んだこの施策は、2週間で5000万円を超える寄付金を集めたのという。そこで調べてみると、他にもIT関連の特典を用意する自治体は少なくない。今回は、そんな事例を6つご紹介しよう。

●山形県米沢市

35万円以上の高額寄付者への特典として、米沢事業場で生産された「ThinkPad X1 Carbon」と「ThinkPad X250」を限定100台ずつ用意したところ、たった1日で定員に達し、締め切りに。第2弾として、35万円以上の寄付者にノートPC「ThinkPad X1 Carbon」(200台限定)と「LaVie Direct HZ」(200台限定)、15万円以上の寄付者に「Lavie Direct NS(e)」(500台限定)を用意したが、こちらもすぐに予定数を終了している。

●長野県安曇野市

市内にVAIOの本社と工場があることから、30万円以上の寄付で「VAIO Z」がもらえる特典を用意した。市制施行10周年を記念する特別仕様の刻印のほか、好きな文字を希望に応じて入れることも可能。さらに40万円以上の寄付で「Office Home and Business 2013」とVGAアダプターが付属し、ストレージ容量が約256GBのモデルも選択可能に。応募者多数につき、7月27日現在、受付を一時休止中だ。

●長野県飯山市

安曇野市同様、こちらも市内に工場があることから、マウスコンピューター製のノートやデスクトップ、スティック型などの各種PCをはじめ、同社の持つiiyamaブランドの液晶ディスプレイなどが特典のひとつに。3万円から20万円まで、寄付金額に応じてマウスコンピューター製品がバラエティー豊富に取り揃えられているのが特徴的だが、その多くが応募開始とともに即品切れ状態になる人気ぶりだという。

●岡山県備前市

特典に家電類が充実していることで有名な備前市からは、Googleの掲げるフラッグシップモデルとして有名なAndroidタブレット「Nexus9」が登場。10万円の寄付で16GB、12万円の寄付で32GBと、金額に応じてスペックが異なる。カラーも白と黒から選択可能だ。

●鳥取県境港市

水木しげるの故郷・境港市では、1万円以上の寄付で、鬼太郎Edyカード3枚とモバイルクリーナーのセットがもらえる。電子マネーのEdyは、コンビニなど全国のEdy加盟店で繰り返し利用できる。

●千葉県市川市

インターネットを利用し、1回1万円以上の寄付につき、電子マネーの「Tポイント」2000ポイントが進呈される。利用シーンが幅広く、寄付の回数に上限がないことから人気を集め、2014年度には、特典の対象となった納税額だけで約4300万円に達した(7月31日まで)。

ビジネスマンの節税対策としても注目される「ふるさと納税」制度。なかなか手に入らない地域の特産品を選んでみるのもおもしろいが、実用性の高いPCや電子マネーなら、おトク感がさらに高まりそう。各自治体の特典が紹介されたポータルサイトもあるので、日常で使えそうな特典を探してみてはいかがだろうか。

(二祥 翼)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト