スマホ事件簿

スマホ大型化も「使いづらい」の声

2015.09.09 WED


機能の進化とともに大型化も進んできたスマホ。ただ、使い勝手に”難”があるのは事実のようだ
新型iPhoneの発売が近づいているとされ、スペックやデザインが注目されるなか、読売新聞が9月5日の記事で、スマホの“大型化”を指摘した。初期のスマホの画面は3~4インチ台が主流だったものの、先日ソニーが発表した「Xperia Z5」シリーズの上位機種は5.5インチであることを紹介。動画やゲームなどを楽しむため大画面への需要が増え、スマホの大型化が進んでいると分析している。

この記事を受け、ツイッターには、

「個人的にはもう2台持ちもめんどくさいし、いっそ10インチでいいと思うけど」

と肯定的な意見もあるものの、

「あんまり大きいのもねえー腱鞘炎になりそう 笑」

「そんなデカいのいらんて iPhone5/5sのサイズがベスト」

「通話は慣れれば大型のスマホでも問題ない 文字入力やアプリの操作は厳しい(というか無理ゲーになりつつある)」

などと “アンチ大型化”の声が多数。iPhoneに関していえば、昨年発売されたiPhone 6/6 plusがそれぞれ4.7インチと5.5インチ。それまでiPhone 5sは4インチだったため、購入者からは、

「わかってて買ったからしょうがないけどiPhone6ゲームしてて絶対指届かないとこあってかなしいね」

「スマホで小指を支えにしてると指曲がるからよくないっていうけどiPhone6とか小指で支えないと使えないよ…

4S 5 ならいけるけど」

など、“操作しにくい”といった声が発売当初から現在にわたって相次いでいる。

ちなみにマイナビニュースが8月末、500人を対象に「新型iPhoneに期待するサイズ」を調査したところ、「iPhone 6(4.7インチ)と同等」がトップの29.4%。僅差で「iPhone 6以上iPhone 6Plus(5.5インチ)未満」(28.8%)と続く。ただ、iPhone 6を下回る「4.7インチ未満」がいいという人も22.4%いる結果から、「5.5インチ以上は必要ない」と思っている人がほとんどであることがうかがえる。

iPhoneを含め、大型化が進んできたスマホだが、世間の声を反映すれば、5.5インチ程度で打ち止めとなるのだろう。新型iPhoneの大きさも含め、今後のトレンドが注目される。

(花賀太)

【関連リンク】

■かろうじて手のひらサイズ、スマホの大型化進む-YOMIURI ONLINE

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150904-OYT1T50036.html

■半数以上の人が新型iPhoneにiPhone 6以下のサイズを期待 - マイナビニュース調査

http://news.mynavi.jp/articles/2015/09/05/iphone_size/

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト