スマホNEWS&TOPICS

キャンプの便利スマホグッズ&アプリ選

2015.09.21 MON


小型プロジェクター「C-5」で、あっという間にテントが屋外シアターに変身
すっかり涼しくなり、レジャーシーズンの秋の到来を感じる今日このごろ。自ずと登山やキャンプなど大自然を堪能し、にいくことも増えるはず。そんな時も欠かせないのがスマホ。バッテリーなどの必携品以外にも便利グッズ&アプリがあるんです! 今年のキャンプのお供にいかがですか?

【キャンプで大活躍のユニークなスマホアイテム3選】

■料理をしながら鍋でスマホを充電!

「PowerPot 5」(1万790円)は、発電する機能を持った鍋。これがあれば料理をしながらスマホを充電することができます。水を入れた鍋を熱すると電圧が生じる「熱電効果」を利用しており、ストーブや直火などどんな熱源にも対応しているのがポイントです。

■万が一のスマホ水没にも安心

スマホケースやポーチなど、“防水”グッズは数あれど、水の中に落としてしまった後のお助けグッズはそう多くないはず。そんな、非常事態に役立つのが、「EVAP水没レスキューキット」(1709円)です。実はスマホは、万が一水没しても、電源を入れる前に完全に乾かせば復活するケースも。こちらのキットは強力な乾燥剤でスマホを覆い、付属のポーチに入れて6~24時間放置すると、スマホの中に入ってしまった水分の除去を行ってくれるんです。

■スマホだけでできる 大自然の中での映画鑑賞会

夜、星を見るのもいいけど、大自然の中で楽しむ映画もオツなもの。そんな時に便利なのが、小型ミニプロジェクター「C-5」(2万9800円)です。重さはたったの169gで、胸ポケットに入れられるほどの小型サイズ。気になるバッテリー駆動時間は最長3時間と、映画1本分程度。テントをスクリーンに自分だけの野外映画祭気分を楽しめることでしょう。

【持っていれば心強いお役立ちアプリ3選】

■方向音痴にマストな地図アプリ

山の中は携帯の電波が届かないことがしばしば。そんな時に備えて、オフラインでも端末のGPS機能を使って現在位置を確認できる無料の地図アプリ「YAMAP」(Android/iOS対応/無料)はぜひ入れておきましょう。“GPS専用機”を買うと3~10万かかりますが、このアプリなら無料で自分の居場所がわかります。

■BBQ初心者もコレがあれば完璧

バーベキューに必要な道具や材料から、炭の着火方法まで網羅したアプリが「超BBQ入門!!」(iOS対応/120円)。基本的な準備から、季節に見合ったやり方、その場での対応まで、初めてでも慌てずにすみます。もちろん、上級者の“ついうっかり”忘れ物防止にも役立つアプリです。

■万が一のケガに備えた対処法がすぐわかる!

自然の中は危険がいっぱい。怪我を負うこともあるかもしれません。そんな時に役立つのが「応急手当」(iOS対応/無料)。ハチやムカデ、クモに刺された時の対処法なども載っていますよ。

これらのグッズやアプリがあれば、キャンプがぐっと快適なものになること間違いなし!?

(おきざきみあ/HEW)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト