スマホグッズ探偵団

タッチ箇所が増える保護ガラス

2015.09.28 MON


撥油コーティング加工・防汚コーティング加工済み。硬度9H。製品イメージではタッチエリアがわかるように色がついているが、実際の製品は無色透明
高画質化と共に大型化するスマホのディスプレイ。iPhone 6 Plusともなればサイズは一万円札とほぼ同じ。片手で操作をしようと思っても、親指が上まで届かず、例えば左上に表示される「戻る」を押すだけでもけっこう大変です。

そんな悩みを持つ人がいるなか、まるで「指が届かないならタッチエリアの方を持ってくればいいじゃない」という発想で生まれたかのごとき商品がこの『Smart Glass Screen Protector』。見た目はただのディスプレイを保護する強化ガラスシートで、ホームボタンの周りまですっぽりとカバーするサイズです。実はこのシート、回路とセンサーが内蔵されており、ホームボタンの左右にタッチエリアを追加することができるのが最大のポイント。左側のエリアをタップすると、画面の左上隅をタップしたことと同じに、同様に、右側のエリアでは右上隅をタップしたことと同じになるんです。スマホアプリの上部左右にある「戻る」「編集」「完了」などのボタンを、指を伸ばさずに押すことができてしまいます。

使用時に特別な設定は必要なく、シートを本体に貼るだけでOK。シリコン吸着剤により気泡も入りにくく、失敗しても貼り直すことができます。シートは透明かつ凹凸が無いので、iPhoneの使用感はそのまま。硬度9Hで傷がつきにくく、衝撃吸収や防汚コーティング加工もされています。ボタンが追加できるだけでなく、保護シートの機能も十分なのは嬉しいですね。

追加ボタンを使えば、ホーム画面の右上と左上にあるアプリもすぐに起動できるので、よく使うアプリを配置しておいても便利そうです。まるで指先がワープしたような錯覚に陥るガラス保護シート。手の小さい女性にオススメしてもいいでしょう。

(井上マサキ)『Smart Glass Screen Protector』(pocketgames/価格:1900円〈iPhone 6)、2200円〈iPhone 6 Plus〉)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト