スマホ事件簿

先端IT展CEATEC、ウェアラブルが胸熱

2015.10.14 WED


最新技術が数多く展示されたCEATEC JAPAN 2015。ウェアラブル端末のほか、ロボットの展示も多かった ※この画像はサイトのスクリーンショットです
最先端IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2015」が10月7日から10日、千葉県・幕張メッセで開催された。様々な最新技術が紹介されたこのイベントだが、なかでも多くの種類が展示されていたのがウェアラブル端末だ。

たとえば、デバイスおよびソフトウェア開発メーカーの16Labが発表した指輪型のウェアラブル端末「OZON」。小さな指輪にモーションセンサーやBluetooth通信モジュール、バイブレータなどを搭載し、家電のコントロールや、スマートフォンと連動したメールの通知、電子決済なども可能だ。

また、富士通研究所も指輪型ウェアラブル端末の試作品を展示。こちらは空中に文字を書くことでテキスト入力が可能だという。

さらに同研究所はセンサー内蔵のシューズも出展。足の親指、小指、かかとの部分に圧力センサーがあり、足の動きの情報を収集し、健康状態のチェックに活用できるという。

そのほかにもメガネの生産地として有名な福井県鯖江市が村田製作所とコラボした「スマート眼鏡」は、レンズに様々な情報を映したり、フレームに搭載されたボタンで家電を操作したりできる。また、眼鏡前面にセンサーがあり、家電に顔を向けると、その家電に関する操作メニューがレンズに表示され、そこで操作が可能となるとのことだ。

まだまだ試作段階のものが多く、すぐに実用化されるというわけではないが、多種多様なウェアラブル端末が出揃いつつある。ツイッターでは、

「今年もCEATECで面白いものが見れた。いまは身につける物(メガネ・指輪・靴等)や日常的に使う物(車・テレビ等)でどれだけのアイディア出せるかが鍵になってるような気がしました」

「会場全体がもう別次元のような空間で一番印象に残ったのは指輪型のポインティングデバイス!映画 マイノリティ・リポートの世界はもう目の前かもしれませんね」

などと、関心度も高そうだ。

ウェアラブル端末が充実していた一方で、異色な家電として話題になったのが、セブンドリーマーズが発表した全自動洗濯物折り畳み機「laundroid」だ。

その名の通り、洗濯物を自動で折り畳める機械で、洗濯物の形状を認識し、その種類や形に応じて、ふさわしい形に折り畳むという。現在のプロトタイプでは、洗濯物1枚あたりの折り畳み所要時間は8~10分程度で、まだまだ実用化できるレベルではなさそうだが、ツイッターでは、

「いいねいいね未来を感じるねー」

「そのうち洗濯物を放り込んだら洗って畳まれた状態で出てくる時代になるな。胸熱」

と、期待するネットユーザーも多かった。

今回のCEATECでは、ウェアラブル端末から洗濯物自動折り畳み機まで、個性的な新技術が数多く紹介された。まだまだ画期的な技術の登場に期待したいところだ。

(小浦大生)

【関連リンク】

■CEATEC JAPAN 2015

http://www.ceatec.com/ja/

■「CEATEC」での検索結果 - Yahoo!検索(リアルタイム)

http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=CEATEC

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト