スマホグッズ探偵団

耳が“ふさがれない”イヤホン

2015.10.18 SUN


機器との接続はステレオミニプラグ。リモコンでスマホでの音楽再生と音量を操作できるほか、マイクも搭載し音声通話時にヘッドセットとしても使用可能。カラーはシルバー、ブルー、レッドの3色
電車での通勤やランニングなど、移動しながらでも音楽を聴けるのがイヤホンのメリット。また、純粋に音楽を楽しむことに加えて、周囲の雑音が耳に入りにくくなるので、集中したいときに愛用している人も多いでしょう。

でも、耳をふさいで他の音をカットする」というイヤホンのメリットが、逆にデメリットになってしまうこともあります。例えば、ジョギングするとき周囲の音がまったく聞こえないと、自動車や自転車の接近に気がつくのに遅れてしまい危険です。

そんな場面で活躍するのがシャープの『オープンイヤホン RG-H100』です。見た目は普通のネックバンド型イヤホンに見えますが、音が出るユニット部分が耳に密着せず、耳との間に隙間があるのがポイント。この隙間のおかげで、イヤホンで音楽を聴きながら、周囲の音も耳に入ってきやすいのです。

隙間があることから周囲への音漏れが心配になりますが、このイヤホンは部品や構造を工夫することによって、音が一定の方向にだけ伝わりやすくしており、見た目から心配するほどには音漏れがしないのが特徴。

運動時に音楽があると捗るけど、同時に耳をふさいでしまうことに不安を感じていた人は少なくないはず。そんな経験のある方は、お試しあれ。

(青山祐輔)『オープンイヤホン RG-H100』(シャープ/価格:1万1750円)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト